映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『やがて君になる』第1話の感想と演出

やがて君になる
第1話
「わたしは星に届かない」

 

 

演出と作画

cold open

万華鏡のようなきらきらした背景をぼかし、つないだ手をフェードインさせ、宇宙の背景に焦点を合わせ、それらを侑の目の虹彩に貼り込む。侑が瞬きをすると、本来の目が映し出される。青色のフィルターがかけられている。侑の目のエクストリームクロースアップからどんどんカメラが引いていき、顔、首、胸、伸ばした右腕が見えてくる。侑の髪のなびきやヘッドフォンのケーブルの動きから水中にいることがわかる。背景は光の当たり具合で濃淡がつけられている。また水のエフェクトが見える。
1カットに多くの工数がかけられている。これらをまとめているのが撮影処理。TROYCAの創業者の1人で、今作でも撮影監督を務めている加藤友宜さんが率いる撮影チーム(TROYCA デジタル映像部)だ。

手を伸ばした先に水面。射し込む太陽の光と反射と水のエフェクトがかけられている。
フェードアウト。フェードイン。水中で伸ばした手と同ポジ(同一ポジション)で天井に伸ばした手。

 

 

Aパート

侑のPOVショット。侑の目や頭の動きに合わせてカメラが動く。朱里とこよみの紹介も兼ねている。

生徒会室を探す侑のPOVショット。手描き背景のカメラマッピングと3D CGを組み合わせているのかな?

男子生徒を見送る燈子の脚もとのショット。いったん踵を上げて伸びをしてから、踵を返す。地味だけど日常芝居が良い。

先にすたすた歩きだした燈子と首をかしげる侑。立ち止まって振り返り方向を指し示す燈子と案内してくれることに気づいた侑の間に樹が2本。意図的な構図。

木漏れ日も撮影処理。

生徒会室に着いて振り返り自己紹介する燈子の髪のなびき、侑の髪のなびき、風に吹かれる2人の制服の布の表現。ボレロとスカート。上手。

外の風景から、桜の花びらを舞わせ、中学校の卒業式の日にトランジション

 

窓ガラス

f:id:naotie:20181016221014p:plain

©2018 仲谷 鳰/KADOKAWAやがて君になる製作委員会


侑が七海先輩がかっこいいという話をした後、校舎の外から窓ガラス越しに侑・朱里・こよみを描いている。このとき窓枠によって侑と朱里・こよみが分断されている。つまり侑と朱里・こよみでは恋愛に対する価値観が異なることを表している。
朱里は憧れの大垣先輩を追いかけて遠見東高校を選んだ。こよみは年上の男性が好み。そして侑は「私は……どうだろう?」と窓の外を見て考え込む。

 

水の中

f:id:naotie:20181016222652p:plain

©2018 仲谷 鳰/KADOKAWAやがて君になる製作委員会


原作漫画では物理的に離れたイメージで心の距離を表現していた。アニメでは冒頭と併せて水の中に沈んでいるイメージで心の距離を強調している。
ここも背景と撮影処理で水の中を描写している。

次のカットでは右向きの侑がフレーム右半分にいて、左側に空間を開けた構図。侑の空虚な心の内を表現している。

 

紅茶

f:id:naotie:20181016222210p:plain
f:id:naotie:20181016222236p:plain
©2018 仲谷 鳰/KADOKAWAやがて君になる製作委員会


恋愛に興味わかないと燈子が話している場面では、侑が紅茶を淹れている。燈子が侑に「君のこと好きになりそう」と思わず口にした場面では、燈子が侑を引き寄せたときにティーカップの紅茶が波紋を立てている。原作にも描かれている紅茶という小道具を使った鮮やかな演出。

 

 

 

感想

大島ミチルさんの劇伴が素敵。心の機微を表現する音楽を書く作曲家の1人。

加藤誠監督の解釈がとても良い。原作漫画の魅力をアニメに落とし込んでいる。

加藤誠監督の細やかな演出を感じる。

第1話は作監合田浩章さんが手を入れて質を高めているなと思う。

 

 

 

 

 

スタッフ

脚本:花田十輝
絵コンテ/演出:加藤誠
作画監督合田浩章
作画監督協力:大橋知華