映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『安達としまむら』第6話の感想

安達としまむら』第6話「ホワイト・アルバム」

 

 

作品について

桑原智監督が第5話まで1人で絵コンテを切っていたけれど、第6話で初めて吉村文宏さんとの連名でクレジットされている。

 

 

感想

冷え性に悩む女性は多い。

 

しまむらと永藤が一緒に買い物している姿を偶然見て安達と日野は驚いていたけれど、2人と同じだと思わないのかな? 一緒にクリスマスプレゼントを買いに来たと。

「同じこと考えてるとは思わなかったな」と、しまむらも。

 

Bパート冒頭の、安達が机で考え込みスマホを持ってベッドにダイブしたシーンで流れていたピアノ曲の劇伴が好き。

 

「次回からは繋いでいい?とちゃんと聞くように」としまむらに言われたショットを、撮影処理で光で飛ばして驚きと嬉しさを表す演出。

 

やっぱりちゃんと告白できなかった。でも「しまむらの一番の友達になりたい」と。

 

 

ブーメランと言えばオーストラリア先住民。オーストラリアにホームステイしたときホストファミリーから貰ったな。アボリジニー伝統工芸の、木製のブーメラン。

 

 

キャスト

安達:鬼頭明里
しまむら伊藤美来
日野:沼倉愛美
永藤:上田麗奈
ヤシロ:佐伯伊織
しまむらの妹:田中貴子

 

 

第6話スタッフ

脚本:大知慶一郎
絵コンテ:吉村文宏、桑原智
演出:山本隆太

作画監督:Park Eun-a、Jang Sang-mi、Jung Jin-Young、Han Eun-mi
総作画監督:豊田暁子、氏家章雄、薄谷栄之、神谷美也子、森田莉奈

 

 

シリーズスタッフ

原作:入間人間
イラスト:のん
監督:桑原智
シリーズ構成:大知慶一郎
キャラクターデザイン:金子志津枝
総作画監督:豊田暁子、氏家章雄、神谷美也子、森田莉奈、薄谷栄之
プロップデザイン:加来哲郎、山田菜都美
色彩設計:油谷ゆみ
美術監督:斉藤雅巳
撮影監督:志村豪
編集:内田渉
音響監督:本山哲
音響効果:八十正太
音楽:田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
劇判制作プロデューサー:水田大介
音楽制作:日音
プロデューサー:田中潤一朗、中沢莉奈、阿南浩志、大和田智之、吉川敦史、中目孝昭
アニメーションプロデューサー:宇田川純男
アニメーション制作:手塚プロダクション
製作協力:ポニーキャニオンKADOKAWABS11、Ray、日本ナレーション演技研究所、日音
製作:安達としまむら製作委員会、TBS