映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

アニメの脚本は放送前には完成している

 

シリーズ構成と脚本

アニメの脚本は放送開始前には完成している。脚本はアニメに限らず映画やテレビシリーズや演劇などの最初の工程。

監督、プロデューサー、シリーズ構成(チーフライター)でまずシリーズ構成を考える。構成が決まったら、各話脚本家に発注する。全体のストーリーがきっちり決まっている作品の場合は、各話脚本家が自由に書く余地はほとんどないと考えていい。原作ものなら、近年は原作に忠実に制作しているので、構成にそって原作の指定範囲から描写や台詞を取捨選択して、時には膨らませて書く。おおむね毎週、監督、プロデューサー、原作側、シリーズ構成(チーフライター)、各話脚本家が集まって本読み(脚本会議)を開く。毎回、数話分の脚本が議題にかけられ、出席者から意見やダメ出しがなされる。脚本第一稿が一発でOKになることはない。何度も稿を重ねてようやく決定稿になる。決定稿になるまで毎回本読みにかけられる。なかなかOKが出なければその分制作スケジュールに影響が出る。

最近では特に脚本と絵コンテとキャラクターデザインは原作者チェックや製作委員会のチェックが入る。

各話の脚本が決定稿になってから監督や各話演出家は絵コンテを切る。また脚本から制作に必要な設定資料を起こす。

脚本の後には多くの作業工程が待っている。『SHIROBAKO』を観るだけでもイメージをつかめるでしょ。

shirobako-anime.com

 

 

脚本と絵コンテ

脚本は柱書き、ト書き、台詞で構成される。英語だとslug line, action, and dialogue。ト書きにはカメラワークやキャラクターのお芝居など、詳細をあまり書かない。監督や演出家の領分とされているからだ。

脚本はストーリーを文章で書いたものに過ぎない。特にアニメでは絵コンテが重視される。外国のanimationではstoryboardsやそれをつなぎ合わせて音声をつけて映像にしたanimaticsがアニメーション制作の基礎になる。実写映画でもCGIを多用する作品は、視覚効果のイメージをスタッフやキャストで共有するためにprevizを制作する。

映像作品としての良し悪しは絵コンテで決まると言っても過言ではない(物語の良し悪しは脚本でおおむね決まるけれど)。絵コンテがアニメの設計図と言われるゆえんだ。

 

 

制作

『おちこぼれフルーツタルト』*1川口敬一郎監督がインタビューで本読み(脚本会議)の時期に言及していた。

シナリオ会議にはほぼ毎回来てくださっているので、ガッツリと一緒に作ってきた感覚があります。とはいえ、最終話のシナリオを脱稿したのは一昨年で、直近でお会いしたのはコロナ禍になる前の頭数話のアフレコです。


秋アニメ『おちフル』川口敬一郎監督 インタビュー/手描きのこだわりとは? | アニメイトタイムズ

原作者の浜弓場双さんが本読みに参加していたという話だが、注目すべき点は最終話の脚本は2年前に完成していたこと。

2020年はアニメの制作スケジュールが大幅に遅れ、放送時期や映画公開時期がずれた作品が多かった。『おちフル』も2020年7月放送開始予定だった。そのことを考慮しても、一般論として、放送開始の1年前には脚本は完成していると考えられる。

原作もののテレビアニメは企画から放送まで最低2年、オリジナルなら開発に時間がかかるので最低3年以上はかかると言われている。1クールアニメで、視聴者の反応を見て話を変えることは不可能。『プリキュア』のような1年間のアニメですら、玩具の売り上げや視聴者からの反響を受けて作品にフィードバックできるのは後半のストーリーになってからだと、プロデューサーが語っていた。

脚本家はアニメスタッフの中で最初に仕事が終わってチームから離脱すると言われる。

1クールなら、脚本は言うに及ばず絵コンテも完成していないと厳しい。

1クールや2クールのテレビアニメで、視聴者の反応を見て脚本を変えるという妄想は非現実的。

*1:2020年10月-12月放送