映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『平家物語』第6話感想: 維盛の苦悩

平家物語』第六話「都遷り」

 

 

作品について

山田尚子監督とシリーズ構成・脚本の吉田玲子さんの新作。

古川日出男訳『平家物語』が原作。日本文学の古典。

 

 

メインスタッフについては別の記事に書いた。

films.hatenablog.com

 

日下部智津子さんが絵コンテ。神戸のアニメ制作会社スノードロップに所属している。

一般的に制作グロスの話数では元請け制作会社側のメインスタッフが総作画監督修正を入れるが、スノードロップの制作協力回では日下部智津子さんらが総作画監督を務めるためメインスタッフが手を入れなくてもクオリティが高い。

films.hatenablog.com

TROYCA制作の、別所誠人監督『アイドリッシュセブン』第1期第10話、加藤誠監督『やがて君になる』第7話、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』第7話では絵コンテを切るようになった。TROYCA作品以外では『平家物語』が初めて。

最近では『シャドーハウス』のキャラクターデザイン・総作画監督。第2期製作が発表された。

 

長友孝和さんが演出。河村智之監督、サンライズ制作『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の絵コンテ・演出。こちらも第2期が2022年4月放送。

 

 

配信

FODで先行独占配信中。

fod.fujitv.co.jp

 

 

感想

福原京遷都。治承4年(1180年)。

清経と敦盛は気が合う。

今様の一節。

見るに心の澄むものは
社(やしろ)壊れて禰宜(ねぎ)もなく 祝なき
野中の堂のまた破れたる 子産まぬ式部の老いの果て

見るからにすっきりするものは
神社がぶっこわれて神官逃げて 神人もいないところ
野っ原の御堂がどんどんボロくなってゆくところ
子無しのすかした女房が一人で年とって死んでくところ

梁塵秘抄ものづくし篇(その二)

後白河法皇が編んだ『梁塵秘抄』からの引用。

 

資盛はびわが祖父・清盛に手籠めにされると思ったようだ。だから維盛と一緒に清盛の寝所まで護衛についてきた。

第2話で、時子が清盛に怒っていた。

 

富士川の戦い。治承4年10月20日(1180年11月9日)。

富士沼に集まっていた数万羽の水鳥が一斉に飛び立ち、その羽音を敵の襲来と勘違いした平氏軍は統率を失った。

第2話で、維盛が鳥に驚いていたのはこの布石。

films.hatenablog.com

維盛の流罪と忠清の死罪を命じた清盛を、知盛と重衡が諫めた。

 

状況が違えば、維盛ももっと自由に幸せに生きられたのかもしれない。でもそうはならなかった。

 

 

演出

清盛が見た悪夢。

維盛は、現在で言うこところのPTSDを患っている。戦争で前線に派遣された軍人たちの精神疾患は、軍上層部も頭を悩ませている。だから遠隔操作で、ゲーム感覚で、敵を殺傷できるような軍事兵器を開発している。

 

資盛の思い人、建礼門院右京大夫を今まで以上に美しく描いている。

 

清盛が亡き息子・重盛のことを思いつぶやいた。死期が近づいてきたお年寄りとして描かれている。

「さすれば我らの世は続くのだ」という言葉の時に、風で灯の火が揺らいだ。風前の灯火。

 

源頼朝が文覚に圧倒される。文覚の唾が周囲に飛び散るコメディ演出。

 

f:id:naotie:20211021124615j:plain
f:id:naotie:20211021124617j:plain
f:id:naotie:20211021124620j:plain
後白河法皇と文覚 ©「平家物語」製作委員会

後白河法皇から命を賜る文覚。柱と、庭に生えた菖蒲(アヤメ)か菖蒲(ショウブ)で2人の間が分断されている。またカメラが2人に近づくと、後白河法皇だけレンズの色収差でにじんでいる。後白河法皇は、文覚及び源頼朝を必要とあらば切り捨てるというメタファーかな。

 

維盛が武将から情報を聞いているときの劇伴。シリアスなシーンではなく、コメディにしたいの?

選曲でクレジットされている reflexion は、山田尚子監督と牛尾憲輔さんのことらしい。

今回、TVシリーズ作品としては異例の、各話・各シーンごとの綿密な選曲作業を山田尚子牛尾憲輔の2名で実施。結果、伝統的な雅楽器を取り入れたものから、弦楽、ポストロックや電子音楽に至るまで、国や時代にとらわれない大胆かつ豊潤な背景音楽が実現した。

『平家物語』OPは羊文学、EDはagraph feat.ANI(スチャダラパー) | アニメージュプラス - アニメ・声優・特撮・漫画のニュース発信!

2人のセンスにはついていけない。私の理解の範疇を超えたところにあるようだ。

黒澤明監督は「音と画の対位法」を実践していた。『平家物語』の音楽はそうは感じられない。

 

 

 

 

余談

土肥実平を演じた木下浩之さんは吹き替えで耳にする。David Shore クリエイター・ショーランナー『Dr.HOUSE』のグレゴリー・ハウス(ヒュー・ローリー)、Hart Hanson クリエイター・ショーランナー『BONES』のシーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)。

クリストファー・ノーラン監督・製作・共同脚本・共同原案『ダークナイト』(2008)のハービー・デント / トゥーフェイスなど、アーロン・エッカートの吹き替えを担当している。

フィリダ・ロイド監督『マンマ・ミーア!』(2008)、オル・パーカー監督『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018)のハリー・ブライトなど、コリン・ファースの吹き替えを担当している。

 

藤原忠清を演じた楠大典さんも吹き替えで耳にする。マイケル・クライトン クリエイター『ER緊急救命室』のグレゴリー・プラット(メキ・ファイファー)。

イドリス・エルバジェイミー・フォックスドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)、ヴィン・ディーゼルを担当している。

 

斎藤実盛を演じた斎藤志郎さんも吹き替えで耳にする。『ハリー・ポッター』シリーズのルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)。

 

 

キャスト

びわ悠木碧
平重盛櫻井孝宏
平徳子早見沙織
平維盛入野自由
平資盛岡本信彦
平清経花江夏樹
平敦盛村瀬歩

平清盛玄田哲章
平時子井上喜久子
平宗盛檜山修之
平知盛木村昴
平重衡:宮崎遊
後白河法皇千葉繁
平滋子:坂本真綾
高倉天皇西山宏太朗
平資盛(幼少期):小林由美子
平経子:本名陽子
以仁王:藤原大智
安徳天皇(赤ん坊):佐藤美由希

水瀬いのり
梶裕貴

平時忠青山穣
びわの父:杉村憲司
祇王井上喜久子
建礼門院右京大夫本泉莉奈

藤原西光:土師孝也
俊寛土田大
藤原成親森宮隆
明雲:ボルケーノ太田

源頼朝杉田智和
土肥実平木下浩之
文覚:佐々木睦
藤原忠清楠大典
斎藤実盛:斎藤志郎

 

 

第6話スタッフ

脚本:吉田玲子
絵コンテ:日下部智津子
演出:長友孝和

総作画監督:小島崇史
作画監督:小島崇史、迎千葉瑠、さとう沙名栄、内村瞳子、吉田徹
作画監督補佐:太田琴美、森慶彦、江﨑好絵

プロップデザイン:寺尾憲治

原画:

第二原画:

動画監督:今井翔太郎

動画検査:

動画:

色彩設計補佐:

色指定検査:

仕上げ:

美術制作:でほぎゃらりー

背景:

背景特効:福留嘉一

美術設定:久保友孝 片山久瑠実 大森崇

美術進行・設定制作:河田瞳

美術制作管理:小林毅

撮影監督補佐:富田喜允

撮影:佐々木景子

線撮:GKセールス

編集助手:榎田美咲

編集スタジオ:エディッツ

オンライン編集:
IMAGICA EMS
永芳信裕
塚根結衣

ラボマネージャー:畑和来

制作進行:

 

オープニングアニメーション

絵コンテ・演出:山田尚子

作画監督:小島崇史

作画:
小島崇史 山口明子
うなばら海里 木曽勇太
古川良太 ちな
もああん Maring Song

ZEXCS
長屋誠志郎 松本翔

第二原画:
秋竹斉一 江﨑好絵

ZEXCS
佐藤菜穂

動画検査:今井翔太郎

動画:
小島崇史 今井翔太郎

ST.BLUE

色指定検査:今野成美

仕上げ:
MADBOX ST.BLUE
GKセールス

背景:久保友孝 大森崇

撮影:
出水田和人 佐々木景子
染谷和正

オープニング制作:進藤嵩平

 

エンディングアニメーション

絵コンテ・演出:山田尚子

原画:小島崇史

動画検査:今井翔太郎

動画:
小島崇史 杉薗朗子
ST.BLUE

色指定検査:今野成美

仕上げ:ST.BLUE GKセールス

背景:久保友孝

3D背景・コンポジット:テラエフェクト

撮影:出水田和人

エンディング制作:進藤嵩平

 

 

メインスタッフ

原作:古川日出男訳『平家物語』(河出書房新社刊)
監督:山田尚子
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
キャラクター原案:高野文子
キャラクターデザイン・総作画監督:小島崇史
動画監督:今井翔太郎
色彩設計:橋本賢
美術監督:久保友孝
美術設定:久保友孝、片山久瑠実
撮影監督:出水田和人
撮影監督補佐:富田喜允
編集:廣瀬清志
音響監督:木村絵理子
音響効果:倉橋裕宗
録音調整:太田泰明
録音助手:小泉まい
音響制作担当:丹下雄二
選曲:reflexion
音楽:牛尾憲輔
音楽プロデューサー:中村伸一
音楽制作協力:安場晴生
音楽制作:ポニーキャニオン
歴史監修:佐多芳彦
琵琶監修:後藤幸浩
製作:遊佐和彦、桑田靖、高揚帆、菊池貞和、チェ・ウニョン、東山敦、小川泰
統括:高瀬透子
プロデューサー:竹内文恵、有田真代、尾崎紀子、中村伸一、チェ・ウニョン
アシスタントプロデューサー:菅原花、板垣茜
アニメーションプロデューサー:崎田康平
制作デスク:番匠彩子
設定制作:進藤嵩平
アニメーション制作:サイエンスSARU
制作:「平家物語」製作委員会(アスミック・エースフジテレビジョン、bilibili、ポニーキャニオン、サイエンスSARU、電通、BSフジ)