映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『平家物語』第9話感想: 祈る。どうか安らかに、どうか静かに。

平家物語』第九話「平家流るる」

 

 

作品について

山田尚子監督とシリーズ構成・脚本の吉田玲子さんの新作。

古川日出男訳『平家物語』が原作。日本文学の古典。

 

 

メインスタッフについては別の記事に書いた。

films.hatenablog.com

 

竹下良平さんが絵コンテ・演出。『エロマンガ先生』シリーズの監督。山﨑みつえ監督『月刊少女野崎くん』(2014)のチーフ演出、藤原佳幸監督『NEW GAME!』第1期(2016)の副監督。

現在放送中の『無職転生』のエンディングアニメーション、『先輩がうざい後輩の話』のオープニングアニメーションの絵コンテ・演出を担当。『呪術廻戦』のエンディングアニメーションを担当して以降、スマホのムービーやカメラの手振れ、POVショット演出がお気に入りなのか、各作品の監督からそう発注されたのか。

平家物語』第9話でもカメラの手振れを用いて感情を演出している。

 

 

配信

FODで先行独占配信中。
https://fod.fujitv.co.jp/title/5h19/5h19110009

FODは10月27日にサイトをリニューアルしたので、作品ページのURLも変更された。

 

 

感想

白拍子の静、月、あかり。

3人が水浴びではしゃぐ姿を見て、在りし日の維盛、資盛、清経を思い出す。もうあの日々には戻れないのだと改めて痛感するびわ

 

大宰府

誠実さ、実直さ、恩義は平家にはなかったのだと、資盛は清経を諭す。

 

箱崎

 

 

演出

静が投げた布を頭からかぶり、垂れた布の間から静、月、あかりを見る構図がいいね。

3人が服の裾を掴んで濡れないようにしたり、裾を絞って水を抜いたりする描写にフェティシズムを込めてるでしょ、演出家とアニメーターが。

左足で片足立ちして、右足の親指と人差し指で左足のかかとを摘まんでいるのがリアル。

 

泥に足を取られた徳子の、ほつれ毛が額から下がっている。精神的な消耗を表している。

 

清経の入水。月に向かって飛ぶ鳥。イカロス。

平家物語』では徳子の述懐にて、清経の死が平家一門の「心憂きことのはじめ」として語られている。寿永2年3月10日(1183年4月4日)。

 

浅葱の方の涙と、竈の釜から吹きこぼれる水の match cut。浅葱の方の悲しみを表している。

ずっと暗い家の中にいた浅葱の方が、娘に再会できて、びわという名前を聞いて、夕日に照らされる。家族を捨てることになってしまったことを、ずっと背負ってきた。やっと心のわだかまり、心残りが消えた。

 

お父(おとう)、清盛、重盛、清経が、彼岸花が咲く丘に立って微笑んでいる。

赤色の彼岸花花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。
https://www.jalan.net/news/article/570792/

 

f:id:naotie:20211111224511j:plain

祈り ©「平家物語」製作委員会

「何もしてやれなくて、でもずっと祈っていたわ。お父のこともどうか安らかに、どうか静かに。どうか……、どうか……」

祈る。

 

木曽義仲後白河法皇征夷大将軍にしてくれと迫るときは、後白河法皇が上手、木曽義仲が下手。

木曽義仲に返り討ちされた後は、木曽義仲が上手、後白河法皇が下手。立場が逆転した。

 

林の上からクレーンで地面まで下りて、カメラが軍勢の中を通り抜けるカット。パースを変化させながら、大勢の人間の動きを描く。物量までこなす。凄い。

続く、矢の雨。

 

平敦盛熊谷直実の一騎打ち。敵という存在ならば戦で殺せても、相手が同じ人間であることを知ってしまっては、躊躇いが生じる。

 

清経の鳥と並び敦盛の鳥も飛ぶ。

 

「そなたらのこと、必ずや語り継ごうぞ」

青空。

 

 

余談

小磯沙矢香さんが原画を描いている。高橋丈夫監督、さんぺい聖助監督、パッショーネ制作『六花の勇者』(2015)のキャラクターデザイン・総作画監督。最近ではMAPPAで『呪術廻戦』のサブキャラクターデザイン・総作監作監補佐と『チェンソーマン』ティザーPVの作監をしていたので、てっきり『呪術廻戦』『チェンソーマン』に掛かり切りなのかと思ってた。

竹下良平さんが絵コンテ・演出を担当した『呪術廻戦』第2話第9話では、小磯沙矢香さんが総作監・原画だった。上記のtweetはそういう意味。

 

 

 

 

 

キャスト

びわ悠木碧
平重盛櫻井孝宏
平徳子早見沙織
平維盛入野自由
平資盛岡本信彦
平清経花江夏樹
平敦盛村瀬歩

平清盛玄田哲章
平時子井上喜久子
平宗盛檜山修之
平知盛木村昴
平重衡:宮崎遊
後白河法皇千葉繁
平滋子:坂本真綾
高倉天皇西山宏太朗
平資盛(幼少期):小林由美子
平経子:本名陽子
以仁王:藤原大智
安徳天皇:佐藤美由希
源義経梶裕貴
弁慶:大塚明夫
熊谷直実:田中美央
静御前水瀬いのり
月:小橋里美
あかり:松浦愛弓
浅葱の方:大原さやか

平時忠青山穣
びわの父:杉村憲司
祇王井上喜久子
建礼門院右京大夫(伊子):本泉莉奈

藤原西光:土師孝也
俊寛土田大
藤原成親森宮隆
明雲:ボルケーノ太田

土肥実平木下浩之
文覚:佐々木睦
藤原忠清楠大典
斎藤実盛:斎藤志郎
瀬尾兼康(妹尾兼康):井川秀栄

源頼朝杉田智和
北条政子甲斐田裕子
源義仲(木曽義仲):三宅健太
中原兼遠:多田野曜平
今井兼平落合弘治
巴御前鷄冠井美智子

平高清和多田美咲
夜叉御前:木野日菜
平忠度:中村和正
平行盛真木駿一
妓女:大地葉

緒方:高橋研二
後白河の侍従:高橋大輔
後鳥羽天皇木野日菜
女御:野口瑠璃子

 

 

第9話スタッフ

脚本:吉田玲子
絵コンテ・演出:竹下良平

総作画監督:小島崇史
作画監督:小島崇史、秋竹斉一、内村瞳子、上武優也、平野翔
作画監督補佐:Hakobera

プロップデザイン:寺尾憲治

原画:
小磯沙矢香 藤本航己
徳土大介 山口明子
上武優也 吉田ますみ
飯田悠一郎 うなばら海里
伊奈透光 田村瑛美
太田琴美 長濱祐作
宮元彩花 柴田夏来
上田彩加 ありんこ
Maring Song Qmeng

スタジオコロリド
斎藤暖

第二原画:
鈴木優介 森慶彦
杉田真衣 吉岡春野
江﨑好絵 Hakobera

ZEXCS
佐藤菜穂

株式会社旭プロダクション 白石スタジオ
小原香織

C-Station
近藤律子

DR MOVIE
Hong Da-young Kim Kwan-woo

ST.BLUE GKセールス

動画監督・動画検査:今井翔太郎

動画:
株式会社旭プロダクション白石スタジオ
熊谷莉々

タツノコプロ
千葉紗也 加藤亨祐

DR MOVIE
Jeon Hae-jin Jang Chul-ho
Min Hong-yi Park Hyeon-ju
Yoon Eun-joo

ST.BLUE
張昭映 李恩姬
金映珠 崔ボラム
李泫周

GKセールス

色彩設計補佐:中村絢郁

色指定・検査:
ステラ・ロード
中野尚美 越田侑子

仕上げ検査補佐:
ステラ・ロード
門松諭生 遠藤花歩
江口亜紗美

仕上げ:
株式会社旭プロダクション白石スタジオ
佐田絵里花

DR MOVIE
Lee Jin-hee Lee Jeong-a
Yoo Young-hye Park Se-na

ST.BLUE
韓善鍾 宋銀河
金美蘭 金正恩

GKセールス

美術制作:でほぎゃらりー

背景:
大城空 金山詩織
眞崎萌 森あかね
岩熊茜 笠井美枝
中村聡子 福留嘉一
串田達也

倉本章 鮫島潔
本田敏恵 大森崇

背景特効:福留嘉一

美術設定:久保友孝

美術進行・設定制作:河田瞳

美術制作管理:小林毅

撮影監督補佐:富田喜允

撮影:佐々木景子 染谷和正

線撮:GKセールス

編集助手:榎田美咲

編集スタジオ:エディッツ

オンライン編集:
IMAGICA EMS
永芳信裕
塚根結衣

ラボマネージャー:畑和来

制作進行:進藤嵩平

 

オープニングアニメーション

絵コンテ・演出:山田尚子

作画監督:小島崇史

作画:
小島崇史 山口明子
うなばら海里 木曽勇太
古川良太 ちな
もああん Maring Song

ZEXCS
長屋誠志郎 松本翔

第二原画:
秋竹斉一 江﨑好絵

ZEXCS
佐藤菜穂

動画検査:今井翔太郎

動画:
小島崇史 今井翔太郎

ST.BLUE

色指定検査:今野成美

仕上げ:
MADBOX ST.BLUE
GKセールス

背景:久保友孝 大森崇

撮影:
出水田和人 佐々木景子
染谷和正

オープニング制作:進藤嵩平

 

エンディングアニメーション

絵コンテ・演出:山田尚子

原画:小島崇史

動画検査:今井翔太郎

動画:
小島崇史 杉薗朗子
ST.BLUE

色指定検査:今野成美

仕上げ:ST.BLUE GKセールス

背景:久保友孝

3D背景・コンポジット:テラエフェクト

撮影:出水田和人

エンディング制作:進藤嵩平

 

 

メインスタッフ

原作:古川日出男訳『平家物語』(河出書房新社刊)
監督:山田尚子
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
キャラクター原案:高野文子
キャラクターデザイン・総作画監督:小島崇史
動画監督:今井翔太郎
色彩設計:橋本賢
美術監督:久保友孝
美術設定:久保友孝、片山久瑠実
撮影監督:出水田和人
撮影監督補佐:富田喜允
編集:廣瀬清志
音響監督:木村絵理子
音響効果:倉橋裕宗
録音調整:太田泰明
録音助手:小泉まい
音響制作担当:丹下雄二
選曲:reflexion
音楽:牛尾憲輔
音楽プロデューサー:中村伸一
音楽制作協力:安場晴生
音楽制作:ポニーキャニオン
歴史監修:佐多芳彦
琵琶監修:後藤幸浩
製作:遊佐和彦、桑田靖、高揚帆、菊池貞和、チェ・ウニョン、東山敦、小川泰
統括:高瀬透子
プロデューサー:竹内文恵、有田真代、尾崎紀子、中村伸一、チェ・ウニョン
アシスタントプロデューサー:菅原花、板垣茜
アニメーションプロデューサー:崎田康平
制作デスク:番匠彩子
制作デスク補佐:神戸秀太
設定制作:進藤嵩平
アニメーション制作:サイエンスSARU
制作:「平家物語」製作委員会(アスミック・エースフジテレビジョン、bilibili、ポニーキャニオン、サイエンスSARU、電通、BSフジ)