映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『裏世界ピクニック』第2話の感想

『裏世界ピクニック』第2話「八尺様サバイバル」

 

 

作品について

第2話は有冨興二さんが絵コンテ・演出。佐藤卓哉監督の『どうにかなる日々』で演出をしていた。

 

 

 

感想

小桜のリアクションは派手。

「第四種接近遭遇」。「第三種接近遭遇」になぞらえて小桜が名づけた。スティーヴン・スピルバーグ監督『未知との遭遇』(1977)の原題にもなっている。"Close Encounters of the Third Kind"

 

肋戸がかっこいいおじさま。神隠しにあった妻を探し続けて、自分も同じ裏世界へ飲み込まれた。

肋戸が語る「ゾーン」や「ゾーンの住人」の話は陰謀論

 

鳥子は友人のさつきを探している。

 

空魚のめんどくささが出始めた。

その感情を利用された。空魚の鳥子への感情を。

 

 

演出

establishing shotsからシーンを始める演出。ロングショットでのお芝居作画を多用することになるので、アニメではあまり多くない。

Bパート冒頭、空魚&鳥子と肋戸の間にコンクリート壁を置いて立場の違いを表現している演出。

 

 

Blu-ray Disc

BD Boxが全2巻なので買いやすくてありがたい。ブックレットが充実しているといいな。

www.othersidepicnic.com

 

 

キャスト

紙越空魚:花守ゆみり
仁科鳥子:茅野愛衣
小桜:日高里菜
瀬戸茜理:富田美憂

 

 

第2話スタッフ

脚本:佐藤卓哉
絵コンテ・演出:有冨興二

作画監督:Kim.J.W.、JO.W.H.、Min Hyeonsuk、An Hyojeong、Park Younghi
アクション作画監督:小田裕幸
銃器作画監督:松本弘
エフェクト作画監督:吉田徹、小野寺博文
総作画監督:三島千枝、坂本千代
総作画監督補:濱田翔

動画検査:
色指定・検査:近藤牧穂

 

 

 

シリーズスタッフ

原作:宮澤伊織 (ハヤカワ文庫JA / 早川書房刊)
キャラクター原案:shirakaba

監督・シリーズ構成:佐藤卓哉
キャラクターデザイン・総作画監督:西畑あゆみ
総作画監督:三島千枝、福地友樹、坂本千代
サブキャラクターデザイン:福地友樹
クリーチャーデザイン:江間一隆
プロップデザイン:新谷真昼、木村友美、松本弘
エフェクト作画監督:吉田徹
色彩設計:岩井田洋
美術監督:松本浩樹
3Dディレクター:白石優也
3Dリードアニメーター:鈴木雅臣
2Dワークス:松田陵平
CGプロデューサー:田中臥竜
3DCGI:FelixFilm
撮影監督:口羽毅
編集:後藤正浩
音響監督:佐藤卓哉
音響効果:川田清貴
音楽:渡辺剛
音楽プロデューサー:小倉充俊、佐藤卓哉
音楽制作:グッドスマイルフィルム
音楽制作協力:ミュージックブレインズ
チーフプロデューサー:深尾聡志
プロデューサー:石川義洋、小倉充俊、渡瀬昌太、溝口力丸、菊地洋平、大和田智之、相田剛、阿部隆二、木村康貴、林信仁
アニメーションプロデューサー:里見哲朗、中智仁、菊地悠太
制作デスク・設定制作:菊地悠太
アニメーション制作:ライデンフィルム × FelixFilm
製作:DS研(博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、グッドスマイルフィルム、エー・ティー・エックス早川書房ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントBS11フロンティアワークススクウェア・エニックスアミューズメントメディア総合学院)