映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『SING/シング』感想

『SING/シング』
原題:"Sing"
製作年:2016年
製作国:アメリカ合衆国

 

 

作品について

ガース・ジェニングス監督・脚本。

Christophe Lourdelet 共同監督。

クリス・メレダンドリ プロデューサー、ジャネット・ヒーリー プロデューサー。

イルミネーション・マック・ガフがアニメーション制作。

イルミネーション・エンターテインメント製作。

3DCGアニメーション・ミュージカル・コメディ映画。

ガース・ジェニングス監督・脚本、Christophe Lourdelet 共同監督『SING/シング: ネクストステージ』(2021)がある。続編もフジテレビジョン電通が製作費の一部を出資したようだ。

 

 

Amazon

 

 

 

感想

以前は吹き替え版で観たので今回は英語版で観た。

『SING/シング』はジュークボックス・ミュージカルと呼ばれるジャンル。劇場で歌のコンテストを行うという物語なので、既存の様々な歌を盛り込んでも破綻していない。

 

ガース・ジェニングス監督はもともと俳優・映画監督・映画プロデューサー・脚本家。『銀河ヒッチハイク・ガイド』(2005)で知られている。

アニメーションを制作するのはこれが初めてだった。アニメーションの素人でも監督できるのは、他のスタッフが実務をこなしてくれて、監督は各スタッフと打ち合わせして上がってきた素材をジャッジするだけの、アメリカのアニメーション制作の仕組みだから。アメリカでは、監督が storyboard を制作することはあまりなく、storyboard artists に丸投げ。

日本のアニメ制作では、監督が各スタッフと打ち合わせして上がってきた素材をジャッジする点は同じだが、監督も現場で様々な作業をする。監督は絵コンテを読み書きする能力が必須。クオリティを担保するためには、監督もレイアウトをチェック・修正するのが重要。

日本でもときどき外部の人が「監督」するプロジェクトがあるが、通常はベテラン監督・演出家が副監督や助監督として支えるか、外部の人を総監督にして現場の作業はすべてベテラン監督が行う。

例え実写映画の監督経験が豊富でも、一朝一夕にアニメ監督ができるわけではない。

3DCGアニメーションは実写映画の visual effects と共通する点が多いので、そういう意味では実写畑の人が監督できる余地がある。手描き作画のアニメーションはおそらく素人には無理だろう。

 

films.hatenablog.com

 

 

キャスト

バスター・ムーン: マシュー・マコノヒー(内村光良)
ロジータ: リース・ウィザースプーン(坂本真綾)
マイク: セス・マクファーレン(山寺宏一)
アッシュ: スカーレット・ヨハンソン(長澤まさみ)
エディ: ジョン・C・ライリー(宮野真守)
ジョニー: タロン・エガートン(大橋卓弥)
ミーナ: トリー・ケリー(MISIA)
ナナ・ヌードルマン: ジェニファー・ソーンダース(詞)、ジェニファー・ハドソン(歌)(大地真央)
ミス・クローリー: ガース・ジェニングス(田中真弓)
ビッグ・ダディ: ピーター・セラフィノウィッツ(石塚運昇)
グンター: ニック・クロール(斎藤司)
ランス: ベック・ベネット(谷山紀章)
ミーナの祖父: ジェイ・ファロー(手塚秀彰)
ノーマン: ニック・オファーマン(奈良徹)
ミーナの母: レスリー・ジョーンズ(くじら)
ジュディス: リー・パールマン(鷄冠井美智子)
ミーナの祖母: ラレイン・ニューマン(巴菁子)
スタン: アダム・バックストン
ボス熊: ジム・カミングス(三宅健太)
ベティ: タラ・ストロング(水樹奈々)
ナンシー: タラ・ストロング
リッキー 、ハウィー、カイ: (木村昴(リッキー)、村瀬歩(ハウィー)、柿原徹也(カイ))
ウサギ3人組: (重本ことり佐倉綾音辻美優)
ダニエル: ウェス・アンダーソン(河口恭吾)
リチャード: (MC☆ニガリa.k.a.赤い稲妻)
ワニ: (Rude-α)
レイ: (宮野真守)
カメたち: (竹本健一)
クモたち: (MARU)
ジョーイ: (金魚わかな)
給仕長: (中博史)
雄牛の支店長: (最上嗣生)
バブーン: (矢部雅史)
怒るチンパンジー: (岩崎諒太)
ハリー: (藤原貴弘)
エディのママ: (長谷川暖)
近所の女ヒヒ: (丸山ナオミ)
ピート: (村上裕哉)
不機嫌なドライバー: (大隈健太)
猫青年: (畠中祐)
ボブ: ビル・ファーマー

 

 

スタッフ

監督:ガース・ジェニングス
共同監督:Christophe Lourdelet
脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
共同プロデューサー:Igor Khait
アソシエイトプロデューサー:Robert Taylor, Brett Hoffman
プロダクションデザイン:Eric Guillon
キャラクターデザイン:Eric Guillon
CG Supervisor: Boris Jacq
CG Co-Supervisor: Pierrick Brault-Vandame
Animation Directors: Patrick Delage, Pierre Leduc
Supervising Animators: Pierre Avon, Simon Cuisinier, Luc Dégardin, Christophe Delisle, Pierre-François Duhamel, Audrey Fobis, Gwénolé Oulc'hen
Animation Technical Supervisor: Christèle Jolens
Supervising Crowd Animators: Clémentine Tronel, Elisabeth Patte
Technical Crowd Choreographer: Nocolas Gibut
Character Supervisors: Workflow - Ali Hamdan; Modeling - David Galante; Surfacing - Adrien Borzakian; Rigging - Pierre-André Pérucaud; Character Effects - David Rodrigues; Hair & Fur Systems - Oliver Luffin; Hair & Fur - Jimmy Laplaige
Set Supervisors: Modeling - François Launet; Rigging - Nicolas Brice; Surfacing - Maxime Leduc, Fabien Polack; Set Dressing - Laura Giardini
美術監督:François Moret
Layout Supervisor: Guy-Laurent Homsy
Technical Layout Supervisors: Guy Paris, Fabrice Jigorel
Effects Supervisor: Milo Riccarand
Lighting & Compositing Supervisor: Nicolas Brack
Lighting & Compositing Senior Leads: Max Tourret, Marion Roger
Stereo Supervisor: John RA Benson
Stereo Compositing Supervisor: Chloë Lesueur
Pipeline Supervisors: Damien Bellantan, Matthieu Gouin, Juliette Tresal-Mauroz
編集:グレゴリー・パーラー
音楽:ジョビー・タルボット
Executive Music Producer: Harvey Mason Jr.
Music Supervisor: Jojo Villanueva
Production Supervisor: Joy Poirel
Illumination Mac Guff Senior Executive: Jacques Bled
Head of Production: Christelle Balcon
Head of Technology: Bruno Mahé
アニメーション制作:イルミネーション・マック・ガフ
製作会社:イルミネーション・エンターテインメント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ (米国)、東宝東和 (日本)

Universal Pictures Presents in association with Dentsu and Fuji Television Network