映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『アラベスク』(1966)感想

アラベスク
原題:"Arabesque"
製作年:1966年
製作国:アメリカ合衆国

 

 

作品について

スタンリー・ドーネン監督・製作。

アレックス・ゴードンの小説 "The Cipher" が原作。ゴードン・コトラーペンネーム。

スパイ・コメディ・スリラー映画。

 

 

Amazon

 

 

 

感想

脚本を何度か書き直したらどんどん悪くなっていったので、観客が話の粗に気づかないよう映像で魅せようとしたらしい。

宮崎駿監督・脚本・原作、スタジオジブリ制作『となりのトトロ』(1988)の、久石譲さんによる「ねこバス」をほうふつとさせる音楽。

銃撃の効果音が、昔の映画でよく使われていた「パキューン!」。現在では実銃の「パン、パン」という乾いた軽い音が使われている。

映画にはクレジットされていないが、クリスチャン・ディオール英国アカデミー賞 衣装デザイン賞にノミネートされた。

awards.bafta.org

en.wikipedia.org

 

 

キャスト

デヴィッド・ポロック教授:グレゴリー・ペック(城達也)
ヤスミン・アジールソフィア・ローレン(富永美沙子)
ジーム・ベシュラーヴィ:アラン・バデル(田口計)
ハッサン・イエナ首相:カール・ドゥーリング(滝口順平)
シルヴェスター・ペニントン・スローン少佐:ジョン・メリヴェール(家弓家正)
ユセフ・カシム:キーロン・ムーア(加藤精三)
ジーブ教授:ジョージ・カラリス(大木民夫)
カイル・ウェブスター:ダンカン・ラモント
ボーシャン:アーネスト・クラーク
ハメド・ルフティ:ハロルド・カスケット
ファンショー:ゴードン・グリフィン

その他:
加藤治
北村弘一
島田彰
緑川稔
山本嘉子

 

演出:山田悦司
翻訳:山田実
効果:赤塚不二夫/PAG
調整:栗林秀年
制作:グロービジョン
初回放送:1969年12月29日『月曜ロードショー』 

 

 

スタッフ

監督:スタンリー・ドーネン
脚本:ジュリアン・ミッチェル & スタンリー・プライス & ピエール・マートン(本名ピーター・ストーン)
原作:アレックス・ゴードン(本名ゴードン・コトラー)
製作:スタンリー・ドーネン
撮影監督:クリストファー・チャリス
美術監督:リース・ペンバートン
編集:フレデリック・ウィルソン
音楽:ヘンリー・マンシーニ
アソシエイトプロデューサー:デニス・ホルト
製作会社:スタンリー・ドーネン・フィルムズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

 

production manager: David W. Orton

second unit director: John M. Jordan

assistant director: Eric Rattray
second assistant directors: Terence A. Clegg (uncredited), Alan James  (uncredited)
third assistant directors: Richard Hoult (uncredited), Stuart A. Black (uncredited)

makeup artist: W.T. Partleton

sound mixers: John W. Mitchell, C. Le Mesurier (as C. Le Messurier)
dubbing editor: Don Sharpe

special effects supervisor: Jim Hole (uncredited)

back projection director: Stuart A. Black (uncredited)
back projection: Charles Staffell (uncredited)