映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

映画-洋画-洋画さ行

『シンドラーのリスト』の感想

『シンドラーのリスト』原題: Schindler's List製作年:1993年製作国:アメリカ合衆国 感想 名作。 往年の古き良き映画をほうふつとさせる。 白黒映画だけど、ここぞというシーンをカラーにする演出。効果的。ドキュメンタリーや記録映像を意識したらしい。…

『ザ・ファーム 法律事務所』

『ザ・ファーム 法律事務所』原題: The Firm1993年アメリカ合衆国 久しぶりに観た。おもしろい。 スタッフ 監督:シドニー・ポラック脚本:デヴィッド・レーブ and ロバート・タウン&デヴィッド・レイフィール原作:ジョン・グリシャム製作:シドニー・ポラ…

『ジュラシック・パーク』の感想

『ジュラシック・パーク』原題: Jurassic Park1993年アメリカ合衆国 何度観てもおもしろい。『ジュラシック・パーク』はいつも吹き替えで観るので、英語音声と字幕で観るのは新鮮。 『激突!』『ジョーズ』で培った、恐怖の対象を見せないことで恐怖を煽る演…

『スカイライン -奪還-』の感想

『スカイライン -奪還-』原題: Beyond Skyline2017年イギリス、中国、カナダ、インドネシア、シンガポール、アメリカ合衆国 グレッグ・ストラウスとコリン・ストラウス兄弟の監督作『スカイライン -征服-』の続編。前作のプロデューサー兼共同脚本家のリアム…

『ソウル・キッチン』

『ソウル・キッチン』原題: Soul Kitchen2009年ドイツ 主人公がやたらとキレる。レストランの店主なのにお客さんに怒鳴る。ナイフかフォークか何かをテーブルに突き立てる。 スタッフ 監督:ファティ・アキン脚本:ファティ・アキン、アダム・ボウスドウコス…

『セイント』

『セイント』原題: The Saint1997年アメリカ合衆国 ソフト版吹き替え レスリー・チャータリスが1928年から1963年まで出版した小説が原作。今までに何度も映像化されている。 ルパン三世の元ネタっぽい印象を受けた。 スタッフ 監督:フィリップ・ノイス脚本…

『戦場のピアニスト』

『戦場のピアニスト』原題: The Pianist2002年イギリス、フランス、ポーランド、ドイツ 良い映画。悪名高きロマン・ポランスキー監督の作品。 エイドリアン・ブロディの芝居が素晴らしい。 スタッフ 監督:ロマン・ポランスキー脚本:ロナルド・ハーウッド原…

『スタンド・バイ・ミー』の感想

スタンド・バイ・ミー原題: Stand by Me1986年アメリカ合衆国 懐かしい。初めて観たのは幼い頃。何度観ても良い映画。 ベン・E・キングの主題歌『スタンド・バイ・ミー』ともども素晴らしい。 スティーヴン・キングの中編小説"The Body"が原作。この原作小説…

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の感想

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル原題: Jumanji: Welcome to the Jungle2017年アメリカ合衆国 感想 スタッフ 日本語吹替え版スタッフ キャスト 感想 何度観てもおもしろい。 ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、カレン…

『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』の感想

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!原題: The SpongeBob Movie: Sponge Out of Water2015年アメリカ合衆国、韓国、オーストラリア 結構おもしろい。流石アメリカの子ども向けアニメーション、カートゥーンだ。頭おかしい。ニコロデオンがこんなのを放…

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』はクローンが主題の映画

ジュラシック・ワールド 炎の王国原題: Jurassic World: Fallen Kingdom2018年アメリカ合衆国 監督: J・A・バヨナ脚本: デレク・コノリー & コリン・トレヴォロウ 吹き替え版 おもしろい。続編ありきで、単体で完結しない映画ではあったが。人間を含む自然と…

『シンデレラ(2015)』の感想

シンデレラCinderella (2015)ケネス・ブラナー監督。クリス・ワイツ脚本。サイモン・キンバーグ、アリソン・シェアマー、デヴィッド・バロン製作。久しぶりに観た。おもしろい。パトリック・ドイルの音楽が良い。主題歌"Strong"も。リリー・ジェームズもケイ…