映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『かげきしょうじょ!!』のテレビアニメに期待

「かげきしょうじょ!!」TVアニメ化決定!監督は米田和弘、シーズンゼロから映像化

natalie.mu

 

斉木久美子さんの漫画。

melody-web.com

 

楽しみ。

ようやく少女歌劇が題材のまっとうなアニメが誕生する。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト』は古川知宏監督なので、幾原邦彦監督『少女革命ウテナ』の系譜。変化球。

『かげきしょうじょ!!』は王道の漫画。

 

アニメは斉木久美子さんの絵ではあるけれど、岸田隆宏さんの絵が感じ取れる。

 

暁のヨナ』の米田和弘監督というのが期待できるポイント。

シリーズ構成の森下直さんは主に実写畑の脚本家。『暁のヨナ』で3話数の脚本を執筆した経緯で、米田和弘監督から推薦されたのかな? 「コナンアニオリまとめ」によると、『名探偵コナン』のおすすめの話を書いた人だとか。

キャラクターデザインの岸田隆宏さんは人気キャラクターデザイナー。スケジュールが詰まっている関係で総作画監督を兼任することは少なくなったけれど、クレジットされていないものの可能な限り原画を描いたりチェック・修正したりしているとか。最近の仕事歴を見ると、現時点の発表では『かげきしょうじょ!!』以外の大きな仕事を受け持っている様子はなさそう*1

あらかじめ総作監を複数人立てる現場は最近では珍しくない。むしろ想定外で各話数に大勢の総作監を投入しなければならない現場の方が、推して知るべし、というもの。大勢の総作監が必死で修正しなければ、表に出せるクオリティではないということなので。

詳しくない人は見過ごしてしまうけれど、大事なのが動画と仕上げ。完成作品には原画の線は出ない。すべて動画の線。いくら原画さん作画監督総作画監督がいい原画を描いても、動画の質がだめなら悲惨な絵になる。動画さんと動画検査の人、仕上げさんと仕上げ検査の人が作画の要。動画と仕上げの工程に十分な時間をかけないと。なので制作進行と制作デスクのスケジュール管理が重要。

撮影は彩色した動画、背景、2DCG、3DCGの各素材を合成して映像にする仕事。同時に、Adobe After Effectsを使った現在の撮影は、ビジュアルエフェクトをかけてお化粧する。撮影は各工程のしわ寄せを最も受けやすく、納品までの時間がないなかで作業することが多い。それまでの各工程で時間に余裕をもって素材を撮影に渡せれば、撮影監督と撮影さんがいい映像にしてくれる。やはり撮影も、元請け制作会社のスケジュール管理が重要。

元請け制作会社のPINE JAMは、新興制作会社なのに2017年に『ゲーマーズ!』と『Just Because!』を連続放送するという無茶をしていたけれど、今年は『グレイプニル』というアクションアニメを制作した。米田和弘監督が上手くコントロールしていた。
小さな制作会社が複数のラインを動かすのは難しい。

 

音響監督の長崎行男さんはミュージカルファンで、音楽が題材のアニメに多数参加している。

斉藤恒芳さんは長年、宝塚歌劇団の音楽を作曲している。

 

 

メインスタッフ

原作:斉木久美子『かげきしょうじょ!!』(白泉社『メロディ』連載)
監督:米田和弘
シリーズ構成:森下直
キャラクターデザイン:岸田隆宏
サブキャラクターデザイン:飯田恵理子、高田晃、牧孝雄
プロップデザイン:古賀美裕紀
総作画監督:飯田恵理子、高田晃、福永智子
美術設定・美術監督:谷川広倫
色彩設計坂上康治
撮影監督:浅黄康裕
編集:今井大介
音響監督:長崎行男
音楽:斉藤恒芳
音楽制作:キングレコード
制作:PINE JAM

 

kageki-anime.com

*1:ハイキュー!!』シリーズには今でも関わっているようだけど。

『アサルトリリィ BOUQUET』第5話の感想

『アサルトリリィ BOUQUET』第5話「ヒスイカズラ

 

 

感想

百合ヶ丘女学院の外の背景美術。夏の田舎。郷愁を感じさせる演出。

梨璃と知り合う夢結様なら、大切な人にプレゼントしようと思っていたラムネを子どもたちにあげなかっただろう、というのがこういった作品の王道の話。

「お姉様を私にください!」

 

 

第5話エンディングテーマ「Heart+Heart」
一柳梨璃&白井夢結(CV:赤尾ひかる&夏吉ゆうこ)
作詞:安藤紗々
作曲:神田ジョン
編曲:神田ジョン

 

 

キャスト

一柳梨璃:赤尾ひかる
白井夢結:夏吉ゆうこ
楓・J・ヌーベル:井澤美香子
二川二水:西本りみ
安藤鶴紗:紡木吏佐
吉村・Thi・梅:岩田陽葵
郭 神琳(クォ シェンリン):星守紗凪
王 雨嘉(ワン ユージア):遠野ひかる
ミリアム・ヒルデガルド・v・グロピウス:高橋花
真島百由:水瀬いのり
遠藤亜羅椰:関根明良
田中壱:洲崎綾
天野天葉:津田美波
江川樟美:原田彩楓
番匠谷依奈:立花理香
出江史房:長妻樹里
六角汐里:高橋李依
伊東閑:七瀬彩夏

 

 

第5話スタッフ

脚本:佐伯昭志
絵コンテ・演出:長原圭太

作画監督:高野晃久、佐藤隼也、秋葉徹

 


シリーズスタッフ

原作:尾花沢軒栄(acus)
企画・プロデュース:久保田光俊、源生哲雄
製作指揮:木谷高明

監督:佐伯昭志
シリーズ構成:佐伯昭志、東冨耶子
キャラクターデザイン:細居美恵子
サブキャラクターデザイン・総作画監督:潮月一也
総作画監督:崎本さゆり、常盤健太郎
アクションディレクター:鈴木勘太
副監督:長原圭太
チーフ演出:大谷肇
イメージボード:春藤佳奈
チャームデザイン:秋篠Denforword日和
ヒュージデザイン:石田弘
プロップデザイン:渋谷勤
色彩設計:日比野仁
美術監督:丸山康司、北井真理江
美術監修:田村せいき
3DCGディレクター:及川恭平、島久登
撮影監督:会津孝幸
編集:松原理恵
音響監督:亀山俊樹
音響効果:長谷川卓也
音楽:松田彬人
音楽プロデューサー:齋藤滋(ハートカンパニー)
音楽制作:ブシロードミュージック
プロデューサー:岡田太郎、小林正英、大嶋実句、中川秀平
アニメーションプロデューサー:安田孝一
アニメーション制作:シャフト
製作:アサルトリリィプロジェクト(ブシロード、TBSテレビ、ポケラボ、シャフト、アゾンインターナショナル丸井グループブシロードクリエイティブ、ブシロードミュージック)

『D4DJ First Mix』第1話の感想

『D4DJ First Mix』第1話「First Mix」

 

 

作品について

BanG Dream!』、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』に続く、ブシロードの「音楽メディアミックス三部作」の第3弾。

BanG Dream!』や『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』と異なり、ブシロードの単独製作。製作委員会を組織しない。

BanG Dream!』第2期以降のアニメーション制作を元請けしているサンジゲンが『D4DJ』も制作。

 

 

水島精二監督。鈴木大介副監督。

 

 

 

感想

この種の作品としてオーソドックスな作りの第1話。猪突猛進な主人公と、振り回される新しい友達。

BPMが近い楽曲同士ほど綺麗につながる。

BanG Dream!』はバンドの楽器演奏シーンだったけれど、『D4DJ』のライブシーンは普通のアイドルアニメに見える。
木谷高明や中山雅弘のコンセプトが、「DJ風アイドル」だったのだろうね。おそらく誰が監督でもアイドルアニメの呪縛からは逃れられなかっただろう。

小室哲哉の「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」。浜田雅功と組んだユニット「H Jungle with t」の歌。

 

 

サンジゲンはどの作品もキャラクターの3Dモデルが可愛い。キャラクターデザインの可愛さを3DCGに落とし込んでいる。モデリングのノウハウが優れているのだろうね。モデラーの技術を底上げしている。

3DCGアニメーションだけど、モーションにメリハリがある。2D手描き作画の動きを水島精二監督がオーダーしたのかな。鈴木大介副監督はサンジゲンでCGディレクター、CGスーパーバイザー、モデリングディレクターを務めてきた人だし。第1話演出・CGディレクターの石川真平さんもアニメーションディレクター、3DCGスーパーバイザーなどの人だし。

 

 

キャスト

Happy Around!
愛本りんく:西尾夕香
明石真秀:各務華梨
大鳴門むに:三村遙佳
渡月 麗:志崎樺音

Peaky P-key
山手響子:愛美
犬寄しのぶ:高木美佑
笹子・ジェニファー・由香:小泉萌香
清水絵空:倉知玲鳳

Photon Maiden
出雲咲姫:紡木吏佐
新島衣舞紀:前島亜美
花巻乙和:岩田陽葵
福島ノア:佐藤日向

Others
天野愛莉:水樹奈々
姫神紗乃:Raychell
小舟柳人:古谷徹

 

 

シリーズスタッフ

原作・製作:ブシロード
企画・製作総指揮:木谷高明
統括プロデューサー:中山雅弘
ストーリー原案:中村航
キャラクター原案:やちぇ

監督:水島精二
副監督:鈴木大介
シリーズ構成:雑破業
アニメーションキャラクターデザイン:茶之原拓也
モデリングディレクター:原岡大輔、髙岡真也、寺林寛
リギングディレクター:西島辰司
美術監督:坪井健太
美術設定:多田周平
色彩設計:松山愛子
撮影監督:小林俊介
編集:榎田美咲
音響監督:長崎行男
音響効果:出雲範子
音楽:佐高陵平
音楽制作:ブシロードミュージック、渡邊亮太、松本拓輝
制作プロデューサー:保住翔汰
プロデューサー:戸田力良、海内裕輔
アニメーション制作統括:松浦裕暁
アニメーション制作:サンジゲン

 

 

第1話スタッフ

脚本:雑破業
絵コンテ:水島精二
ライブパート絵コンテ:萬直樹
演出・CGディレクター:石川真平
作画監督:西田美弥子

『呪術廻戦』第5話の感想

『呪術廻戦』第5話「呪胎戴天-弐-」

 

 

感想

アクションシーンのカメラの置き方が独特だね。それを遠近法で処理する演出・作監

第1話のショットを回想シーンで挟むと、作監総作監ごとの個性がはっきりわかる。

「当然でしょ。会って2週間やそこらよ。そんな男が死んで泣きわめくほどちょろい女じゃないの」
目を見せずにつぶやく釘崎。本心を隠している。だから伏黒のショットを挟んで、感情を押さえつけようとしている唇が強調される。

釘崎はスカートのすそを手繰り寄せて閉じないのかな。

主人公が死んだ状態で話を進める。

 

 

 

キャスト

虎杖悠仁榎木淳弥
伏黒恵:内田雄馬
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美
禪院真希:小松未可子
狗巻棘:内山昂輝
パンダ:関智一
七海建人:津田健次郎
伊地知潔高:岩田光央
家入硝子:遠藤綾
夜蛾正道:黒田崇矢
五条悟:中村悠一
東堂葵:木村昴
禪院真依:井上麻里奈
三輪霞:赤﨑千夏
楽巌寺嘉伸:麦人
吉野順平:山谷祥生
夏油傑:櫻井孝宏
漏瑚:千葉繁
花御:田中敦子
真人:島﨑信長
両面宿儺:諏訪部順一

 

 

第5話スタッフ

脚本:瀬古浩司
絵コンテ:川尻善昭
演出:高田陽介

総作画監督:小林由美
作画監督:高田陽介
作画監督補佐:小磯沙矢香

 

 

シリーズスタッフ

原作:芥見下々
監督:朴性厚
副監督:梅本唯
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:平松禎史
プロップデザイン:川元まりこ
色彩設計:鎌田千賀子
武術監督:金廷連
CGIプロデューサー:淡輪雄介
3DCGディレクター:兼田美希、木村謙太郎
撮影監督:伊藤哲平
編集:柳圭介
音響監督:藤田亜紀子
音響効果:中野勝博
音響制作:dugout
音楽:堤博明、照井順政、桶狭間ありさ
音楽プロデューサー:小林健
プロデューサー:松谷浩明、村井佑羽梨、木村誠、高垣佳寛、前田俊博
アニメーションプロデューサー:瀬下恵介
制作統括:大塚学
制作:MAPPA
製作:呪術廻戦製作委員会

『ヒプノシスマイク Rhyme Anima』第5話の感想

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima‬ 第5話「Seeing is believing.」

 

 

感想

第5話はシブヤ・ディビジョンのFling Posse

話をハロウィンに合わせたのかな?

CLUB COLONYのロゴがソニーのフォント(書体)。

www.sony.co.jp

山田兄弟に調査を依頼。

本物の幽霊もいた。心霊写真。

 

 

本物の幽霊をラップで浄化させる話でもおもしろい、と思った。幽霊を騙る、ライバル店の仕業だったけれど。

 

 

キャスト

山田一郎:木村昴
山田二郎:石谷春貴
山田三郎:天﨑滉平

碧棺左馬刻:浅沼晋太郎
入間銃兎:駒田航
毒島メイソン理鶯:神尾晋一郎

飴村乱数:白井悠介
夢野幻太郎:斉藤壮馬
有栖川帝統:野津山幸宏

神宮寺寂雷:速水奨
伊弉冉一二三:木島隆一
観音坂独歩:伊東健人

東方天乙統女:小林ゆう
勘解由小路無花果たかはし智秋

トム・ウィスパー・ウェザコック:深川和征
アイリス・イノセント・トレイター:Lynn
太郎丸レックス:濱野大輝

 

 

第5話スタッフ

脚本:鈴木やすゆき
絵コンテ:小野勝巳
演出:関暁子

作画監督:前田学史、西川絵奈
総作画監督:落合瞳

 

 

シリーズスタッフ

原作・音楽制作:EVIL LINE RECORDS
キャラクター設定原案・世界観設定:EVIL LINE RECORDS、百瀬祐一郎
キャラクターデザイン原案:Kazui オトメイト
ビジュアル監修:BALCOLONY.

監督:小野勝巳
シリーズ構成:吉田伸
キャラクターデザイン:芝美奈子
総作画監督芝美奈子、落合瞳、竹内由香里
サブキャラクターデザイン:川口千里、新谷真昼
プロップデザイン:江間一隆
美術設定:岩澤美翠
美術監督岡本綾
色彩設計ホカリカナコ
撮影監督:宮脇洋平
CG監督:野間裕介
編集:西村英一
音響監督:本山哲
音響効果:中原隆太
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:R・O・N
ゼネラルプロデューサー:宮本純乃介
プロデューサー:平野宗一郎、鈴木健太
アニメーションプロデューサー:北村京子
アニメーション制作:A-1 Pictures
製作:『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima製作委員会(Dazed CO.,LTD.、アニプレックス)

『安達としまむら』第4話の感想

安達としまむら』第4話「女子高生ホリデイ」

 

 

感想

腹筋ができない、脚がふるえる芝居が上手。

しまむらが浮かんでいるときのプールの水が綺麗。撮影処理。

親の話をしない安達だけれど、安達の母親の世間話を思いがけず聞いてしまった。聞きたくなかった、ということかな。

しまむらの言いたいことは理解できるが、勝負に持ち込んでしまったことで子どものわがままになってしまう。自分で幼稚な争いと自覚しているけれど。

押し付けてしまむらに自分の匂いを嗅がせてしまったことに気づいた安達に、腹筋してみてと安達から離れるしまむらを、離れた場所からフェンス越しに撮影したフレーム内フレームショット。同じフレームに入っていた時間から、別々のフレームに離れてしまう。主観ショットから客観ショットへ。演出。

オープニングテーマのCDのカップリング曲「メリーゴーランド」が挿入歌。2人がカラオケで歌った歌という設定。

しまむらに頭を撫でられている安達のシーンを、砂時計の砂が降り注ぐイメージにしたのは、時間の経過が変わったという演出かな。客観時間の速度は一定だけれど、安達としまむらの主観時間は遅くなった。

 

 

キャスト

安達:鬼頭明里
しまむら伊藤美来
日野:沼倉愛美
永藤:上田麗奈
ヤシロ:佐伯伊織
しまむらの妹:田中貴子

 

 

第4話スタッフ

脚本:森田眞由美
絵コンテ:桑原智
演出:川西泰二

作画監督:Hwang Young-sik、Jung Joo-wang、Lee Min-bae、Hong Yoo-mi、Kim Bo-kyung
総作画監督:豊田暁子、氏家章雄、薄谷栄之、神谷美也子、森田莉奈、中村深雪

 

 

シリーズスタッフ

原作:入間人間
イラスト:のん
監督:桑原智
シリーズ構成:大知慶一郎
キャラクターデザイン:金子志津枝
総作画監督:豊田暁子、氏家章雄、神谷美也子、森田莉奈、薄谷栄之
プロップデザイン:加来哲郎、山田菜都美
色彩設計:油谷ゆみ
美術監督:斉藤雅巳
撮影監督:志村豪
編集:内田渉
音響監督:本山哲
音響効果:八十正太
音楽:田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
劇判制作プロデューサー:水田大介
音楽制作:日音
プロデューサー:田中潤一朗、中沢莉奈、阿南浩志、大和田智之、吉川敦史、中目孝昭
アニメーションプロデューサー:宇田川純男
アニメーション制作:手塚プロダクション
製作協力:ポニーキャニオンKADOKAWABS11、Ray、日本ナレーション演技研究所、日音
製作:安達としまむら製作委員会、TBS

『魔女の旅々』第5話の感想

『魔女の旅々』第5話「王立セレステリア」

 

 

作品について

平池芳正監督が第5話の絵コンテを切った。

 

 

感想

相変わらず無断侵入。フラン先生への報告で、守衛さんからスパイ扱いされてしまう。

イケメンのウィンクから出た星を払いのける演出。イレイナは男性に興味がない*1。生徒に彼氏はいるのかと聞かれていないと答えた。

街中を箒で追いかけっこするシーンは、3Dレイアウトと3D背景と3DCGと撮影によるショットをいくつか挿入していた。

ニケはイレイナのお母さんの可能性がある。

生徒に教えることで、自分に教えることにもなるし、自分の旅についても考えるきっかけになった。

花吹雪。花びらが舞い落ちるシーンが綺麗。

 

 

AT-XTOKYO MXBS11の放送と同じ時間に、金曜ロードショークリス・コロンバス監督『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)を放送していた。王立セレステリアの魔法学校の描写はホグワーツ魔法魔術学校みたい。

films.hatenablog.com

 

 

キャスト

イレイナ:本渡楓
サヤ:黒沢ともよ
フラン:花澤香菜
アムネシア:小原好美
シーラ:日笠陽子
アヴィリア:岡咲美保

 

 

第5話スタッフ

脚本:筆安一幸
絵コンテ:平池芳正
演出:宇和野歩

作画監督:しまだひであき、青木真理子、大木比呂
総作画監督:矢向宏志

 

 

シリーズスタッフ

原作:白石定規
キャラクター原案:あずーる
監督:窪岡俊之
シリーズ構成・脚本:筆安一幸
キャラクターデザイン:小田武士
総作画監督:小田武士、矢向宏志、長森佳容、河野絵美、吉田巧介
コンセプトデザイン:内尾和正
魔法エフェクト監修:宝井俊介
色彩設計:高木雅人
美術設定:滝口勝久(スタジオちゅーりっぷ)
美術監督:合六弘(マカリア)
プロップデザイン:水村良男
3Dディレクター:向純平
撮影監督:桑良人、板倉あゆみ
特殊効果:イノイエシン
編集:柳圭介
音響監督:藤田亜紀子
音響効果:八十正太
音楽:AstroNoteS
音楽プロデューサー:臼倉竜太郎
音楽制作:ランティス
プロデューサー:菊島憲文、秋田規行、長谷川嘉範、吉江輝成、礒谷徳知、尾形光広
制作統括:山田良輔
アニメーションプロデューサー:早坂一将
アニメーション制作:C2C
製作:魔女の旅々製作委員会(KADOKAWASBクリエイティブムービックランティスAT-X角川メディアハウス)

*1:イレイナの性的指向異性愛ではない。