映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』感想: 名作映画

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
原題: Catch Me If You Can
製作年:2002年
製作国:アメリカ合衆国

 

 

作品について

スティーヴン・スピルバーグ監督・製作。

ジェフ・ナサンソン脚本。

1960年代に実在した若き天才詐欺師フランク・W・アバグネイル, Jr.の自伝が原作。

FBI捜査官カール・ハンラティは架空の人物。フランク・W・アバグネイルを追いかけ、更生に尽力した複数の人物がモデル。

エンディングでも字幕で説明されるが、刑務所で服役した後、FBIアカデミーなどで教育している。

伝記犯罪映画(biographical crime film)。

 

 

Amazon

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(吹替版)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

何度観てもおもしろい。名作映画。

ジョン・ウィリアムズさんの音楽が素晴らしい。

オープニングアニメーションがお酒落。往年の映画のオマージュ。

 

2年前に観たときの感想。

 

 

家族の不和はスティーヴン・スピルバーグ監督の長年のテーマの1つ。心が満たされない寂しい人が、誰かと友達になる、あるいは旅をするという作品も多い。『E.T.』(1982)、『フック』(1991)、『A.I.』(2001)、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002)、『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016)。

スティーヴン・スピルバーグ監督自身が、幼少期に両親の離婚を経験している。

 

 

音楽

ジェームズ・ボンドのテーマ曲を引用している。モンティ・ノーマン作曲、ジョン・バリー編曲。

フランク・シナトラの"Come Fly with Me"を使っている。フランク・シナトラは楽曲使用料がとても高いらしい。映画スタジオやプロデューサーや映画監督が躊躇してしまうほど。クリス・コロンバス監督が『ミセス・ダウト』のオーディオコメンタリーで、とても高いが"Luck Be a Lady"を使ってよかったと言っていた。*1

教会で、讃美歌(フランスはカトリック教会だから聖歌かな)『荒野の果てに』が歌われている。英語題名は"Angels We Have Heard on High"。フランス語原題は«Les Anges dans nos campagnes»。後半の"Gloria in excelsis Deo"のグロリアを長く伸ばして歌うのが特徴。

ナット・キング・コールの"The Christmas Song (Merry Christmas to You)"が使われている。

 

 

キャスト

フランク・W・アバグネイル・Jr. - レオナルド・ディカプリオ猪野学
カール・ハンラティ - トム・ハンクス江原正士
フランクの父 - クリストファー・ウォーケン土師孝也
ロジャー・ストロング - マーティン・シーン(岩崎ひろし)
ポーラ・アバグネイル - ナタリー・バイ(小野洋子
ブレンダ・ストロング - エイミー・アダムス落合るみ
シェリル・アン - ジェニファー・ガーナー斎藤恵理)
ジャック・バーンズ - ジェームズ・ブローリン(谷昌樹
アール・アムダースキー - ブライアン・ホウ(塩屋浩三
トム・フォックス - フランク・ジョン・ヒューズ檀臣幸
ポール・モーガン - スティーヴ・イースティン(茶風林
キャロル・ストロング - ナンシー・レネハン(定岡小百合
ルーシー - エリザベス・バンクスよのひかり
ダーシー - キャンディス・アザラ(宮寺智子)
ジョアンナ - ケイトリン・ダブルデイ(内川藍維
エヴァンス校長 - トーマス・コパッチ(小形満
ケスナー - アレックス・ハイド=ホワイト(諸角憲一)
アシュレイ - ジェニファー・マンレー(片桐真衣)
支配人 - スティーヴ・ウィッティング(星野充昭
ホテル支配人 - ロバート・ルース(古田信幸
本人役 - キティー・カーライル(野村須磨子)
融資担当者 - マシュー・キンブロー(楠見尚己
男性 - ジャック・ナイト(江川大輔
生徒 - ジョシュア・コリンズ(小野塚貴志

 

 

スタッフ

監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ジェフ・ナサンソン
原作:フランク・W・アバグネイル and スタン・レディング
製作:スティーヴン・スピルバーグ、ウォルター・F・パークス
製作総指揮:バリー・ケンプ、ローリー・マクドナルド、アンソニーロマーノ、ミシェル・シェーン
共同製作総指揮:Daniel Lupi
共同プロデューサー:Devorah Moos-Hankin
アソシエイトプロデューサー:Sergio Mimica-Gezzan
音楽:ジョン・ウィリアムズ
撮影監督:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン
製作会社:アンブリン・エンターテインメント、パークス/マクドナルド・プロダクションズ、ケンプ・カンパニー、Splendid Pictures
配給:ドリームワークス・ピクチャーズ (米国)、UIP (United International Pictures) (日本)

 

キャスティングディレクター:Debra Zane

プロダクションデザイン:Jeannine Oppewall
美術監督:Sarah Knowles
セット装飾:Claudette Didul Mann, Leslie A. Pope
衣装デザイン:Mary Zophres

department head makeup: Lois Burwell
department head hair stylist: Kathryn L. Blondell
key makeup: Johanne Gravel in Canada, Linda A. Grimes in New York
key hair stylists: Milton Buras in New York, Johanne Paiement in Canada, Kim Santantonio
makeup artist for Mr. DiCaprio: Sian Grigg
makeup artist for Mr. Hanks: Daniel C. Striepeke
makeup artists: Luisa Abel, Deborah La Mia Denaver, Maggie E. Elliott
hair stylists: Audrey L. Anzures, Caroline Elias, Dorothy D. Fox, Ketty Gonzalez

unit production managers: Ric Nish in Canada, Cristen Carr Strubbe, Mari-Jo Winkler in New York
unit manager: Jean-Yves Dolbec in Canada
assistant unit manager: Pierre Lapointe in Canada
unit supervisor: Dan Collins
production supervisors: Irene Litinsky in Canada, Will Weiske, Lila Yacoub in Canada
post-production supervisor: Erica Frauman

property masters: Réal Baril in Canada, Tom McDermott in New York, Steven B. Melton

production sound mixer: Ronald Judkins
supervising sound editors: Charles L. Campbell, John A. Larsen
re-recording mixers: Anna Behlmer, Andy Nelson

特殊効果スーパーバイザー:Louis Craig in Canada

視覚効果スーパーバイザー:Nathan McGuinness as senior visual effects supervisor for Asylum Visual Effects, Marc Varisco for Asylum Visual Effects, Patrice Mugnier for Nexus Productions
視覚効果プロデューサー:Charlotte Bavasso for Nexus Productions, Lindsay Burnett for Asylum Visual Effects
視覚効果エグゼクティブプロデューサー:Blondel Aidoo as executive producer for Asylum Visual Effects, Emma McGuinness for Asylum Visual Effects
cg producer: Jeff Werner for Asylum
3D supervisor: Robin Kobrynski for Nexus Productions

指揮者:John Williams (uncredited)
オーケストレーション:John Neufeld, Conrad Pope (uncredited)
music scoring mixer: Shawn Murphy

 

 

編集履歴

2019年5月20日 23:00に感想ツイート2個だけ貼った記事を投稿した。2021年3月27日 21:30に大幅改稿して投稿した。

*1:ミセス・ダウト』のDVDにはクリス・コロンバス監督のオーディオコメンタリーが収録されているけれど、Blu-ray Discにはなぜか収録されていない。だからBDとDVDの両方を持っている。