映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『陽はまた昇る』の感想

『陽はまた昇る』
2002年
日本

 

おもしろかった。

子どもの頃NHKの『プロジェクトX』を見た。
この映画は事実に基づくフィクション。

前半は加賀谷静男が事業部長に就任して各々が努力を重ね何とかVHS試作機の開発に成功するまで、後半はベータマックスとの規格統一を求められる中でVHSを世に出すまで。
かつて日本ビクターのお荷物とされていた横浜工場ビデオ事業部が、加賀谷静男事業部長らの影響で少しずつ変わっていくさま。
管理部門出身でいずれ本社に戻る大久保修事業部次長も、加賀谷静男事業部長と共に働く中で仕事に意味を見出していく。

加賀谷静男事業部長の語る夢や理想もわかるけれど、武田壮吉社長、金沢紀之副社長、渡会信一専務の言葉も理解できる。今作では主人公に反対する悪役のような立場として描かれているものの、「VHSがたとえ世間に認められても、加賀谷君、君のやり方は私は間違っていると思う」という金沢紀之副社長の考えは正しい。

喧嘩別れのような形で松下電器産業に転職した江口涼平が、休みを取って手伝いに来た場面はおいしいところを持っていくなと思った。

現在でも慕われている松下幸之助氏は、このようなところが所以なのだろうと感じられる。

西田敏行渡辺謙が要。
西田敏行の感情芝居が巧み。クロースアップで映されるショットで特に強く感じ取れる。

長男の加賀谷猛を演じた樹音(FUZZY CONTROLのボーカル兼ギタリスト、JUON)が良い。

大島ミチルさんの音楽が素敵。

 

スタッフ

監督: 佐々部清
脚本: 西岡琢也佐々部清
原作: 佐藤正明『映像メディアの世紀』

企画: 坂上順、西村元男
製作: 高岩淡
プロデューサー: 厨子稔雄、小松茂

撮影: 木村大作
照明: 礒野雅宏
美術: 福澤勝広、新田隆之
装飾: 若松孝市
衣裳: 山田夏子
編集: 大畑英亮
音楽: 大島ミチル
録音: 高野泰雄
音響効果: 佐々木英世、西村洋一

ラインプロデューサー: 菊池淳夫
製作担当: 林周治
助監督: 瀧本智行

製作: 「陽はまた昇る」製作委員会(東映東映ビデオ、JVCピクチャーズ、加賀電子、シチエ、日本出版販売)
配給: 東映