映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『スタンド・バイ・ミー』の感想

スタンド・バイ・ミー
原題: Stand by Me
製作年:1986年
製作国:アメリカ合衆国

 

 

作品について

スティーヴン・キングの中編小説(novella)が原作。

よく知られた話だけど、原作小説の題名は"The Body"。つまり「死体」。

1986年3月、コロンビア映画は原題である"The Body"は誤解を招く題名だと懸念し、"Stand by Me"に変更した。脚本家レイノルド・ギデオンによると、"The Body"はポルノ映画やボディビルディング映画、あるいは「またスティーヴン・キングのホラー映画か」、というような印象を与えると。ロブ・ライナー監督が"Stand by Me"を思いついたが、一番不評な選択肢だったそうだ。

 

 

感想

懐かしい。初めて観たのは幼い頃。

何度観ても良い映画。

ベン・E・キングの主題歌『スタンド・バイ・ミー』ともども素晴らしい。

スティーヴン・キングの中編小説"The Body"が原作。この原作小説を収録した中編小説集『恐怖の四季』は実はホラー小説ではない。

 

クリス・チェンバーズは若くして亡くなったリヴァー・フェニックスインディアナ・ジョーンズの少年時代を演じたことでも知られる。
大人になったゴーディ(ゴードン・ラチャンス)は『ジョーズ』『未知との遭遇』などのリチャード・ドレイファス
エース・メリルは『24』ジャック・バウアーことキーファー・サザーランド
ゴーディの亡き兄デニー・ラチャンスは『2012』などのジョン・キューザック

 

 

トリビア

今作の成功を受けて、1987年にロブ・ライナー監督はプロデューサーのアンドリュー・シェインマンやアラン・ホルン*1らと製作会社キャッスル・ロック・エンターテインメント*2を設立した。社名は『スタンド・バイ・ミー』の舞台である架空の街キャッスルロックにちなむ。

 

 

キャスト

ゴーディ・ラチャンス:ウィル・ウィートン;神藤一弘、土井美加、滝原祐太
ゴーディ(大人):リチャード・ドレイファス樋浦勉野島昭生原康義
クリス・チェンバーズ:リヴァー・フェニックス;梶野博司、高山みなみ、村上想太
テディ・ドチャンプ:コリー・フェルドマン岩田光央水原リン、宮里駿
バーン・テシオ:ジェリー・オコンネル;大友大輔、亀井芳子、海鋒拓也
エース・メリル:キーファー・サザーランド井上和彦森川智之加瀬康之
ビリー・テシオ:ケイシー・シーマツコ;堀内賢雄坪井智浩、小尾元政
デニー・ラチャンス:ジョン・キューザック島田敏坂口賢一、竹若拓磨
チャーリー・ホーガン:ゲイリー・ライリー;松野達也、真殿光昭、渡辺英雄
アイボール・チェンバーズ:ブラッドリー・グレッグ;吉村よう、高木渉、 -
ビンス・デジャルダン:ジェイソン・オリヴァー;星野充昭、吉田孝、 -
ゴーディの父:マーシャル・ベル;小林修佐々木勝彦、 -
ゴーディの母:フランシス・リー・マッケイン;竹口安芸子定岡小百合、 -
雑貨屋の主人:ブルース・カービー;塚田正昭稲葉実星野充昭
マイロ・プレスマン:ウィリアム・ブロンダー;藤本譲長島雄一石住昭彦
グランディ市長:スコット・ビーチ;村松康雄稲葉実、 -
DJボブ・コーミア:マット・ウィリアムズ村山明堀内賢雄、 -

 

吹き替え版はフジテレビ版、VHS・DVD版、Blu-ray Disc
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントのBD『吹替洋画劇場』は全バージョンを収録している。

 

スタッフ

監督: ロブ・ライナー
脚本: レイノルド・ギデオン & ブルース・A・エヴァンス
原作: スティーヴン・キング
製作: ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン、アンドリュー・シェインマン
撮影監督: トーマス・デル・ルース
編集: ロバート・レイトン
音楽: ジャック・ニッチェ
製作会社: Act III Productions (別名 Act III Communications)
配給: コロンビア映画

*1:ウォルト・ディズニー・スタジオのCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)兼共同会長。ワーナー・ブラザースの元社長兼COOで、在任中に『ハリー・ポッター』シリーズやクリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』トリロジーなどを手掛けた。またピーター・ジャクソン監督『ホビット』三部作の製作総指揮。ワーナー・ブラザースを退社して半隠居していたところ、ウォルト・ディズニー・カンパニーの前CEOボブ・アイガーに頼まれて現職へ。エマ・ワトソン主演でディズニーアニメーションの実写化を進めたのはこの人。エマ・ワトソンは、ケネス・ブラナー監督『シンデレラ』の主役をオファーされたが交渉の末断った。その後ビル・コンドン監督『美女と野獣』でベルを演じ、映画は大ヒットした。

*2:Castle Rock Entertainment. 現在はワーナー・ブラザースの子会社。