映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『キングダム』(2019)の感想

『キングダム』
製作年:2019年
製作国:日本

 

 

感想

おもしろい。

 

古代中国の春秋戦国時代末期。

 

ギャグ漫画。

修行とか幼馴染の死とか、この始まり方だと脳筋大将軍になってやらかす未来に見える。

 

アクションシーン頑張ってるね。

 

朱凶の徐完は暗殺者なのに子どもが4人いると命乞いしたのが意外。
嬴政が容赦なくとどめを刺したけど。

 

成蟜に献上された昌文君の首は影武者のものか。

 

成蟜が城下の兵士の集団を見下ろすシーンは北朝鮮っぽい。

 

楊端和と山の民。
「絶壁に巨大な王宮がそびえ立っている」ってワカンダのジャバリ族かな。*1

 

トロイの木馬

 

二刀流の楊端和の長澤まさみワンダーウーマンかな。

 

 

吉沢亮の嬴政も良い。
本郷奏多の成蟜も良い。
長澤まさみの楊端和も良い。
大沢たかおの王騎も良い。

 

 

作品について

邦画としては破格の大作映画の1つ。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント日本法人の肝いりの企画だったようだ。
アニメ版の元請け制作会社であり製作委員会に出資しているぴえろが、実写版の製作委員会にも出資しているのが興味深い。

今日、続編の製作が発表された。

 

公開後1年でテレビ放送。
だから、テレビ局が製作委員会に大きく出資してたくさん宣伝している映画は、わざわざお金を払って映画館で観なくてもいいかな、と思う。

金曜ロードショーのアイパートナー(音声解説放送)は、テレビアニメ版の主人公・信の森田成一さん。

kinro.ntv.co.jp

 

 

キャスト

信:山﨑賢人
嬴政 / 漂:吉沢亮
楊端和:長澤まさみ
河了貂:橋本環奈
成蟜:本郷奏多
壁:満島真之介
バジオウ:阿部進之介
朱凶:深水元基
里典:六平直政
タジフ:一ノ瀬ワタル
敦:大内田悠平
ランカイ:阿見201
黒長老:マメ山田
白長老:TERU
昌文君:髙嶋政宏
騰:要潤
信(幼少時代):大西利
漂(幼少時代):南出凌嘉
昌文君兵1:北岡龍貴
昌文君兵2:大迫一平
昌文君兵3:大地泰仁
昌文君兵4:伊藤友樹
昌文君兵5:関野昌敏
昌文君兵6:大塚ヒロタ
昌文君の家臣:佐藤一平
文官1:酒向芳
文官2:剣持直明
文官3:川井つと
文官4:岸田研二
西の門の文官:信太昌之
朱亀の門の敵将:慈五郎
左慈の部下:三元雅芸
衛兵1:平原テツ
衛兵2:谷口翔太
伝令1:金子岳憲
伝令2:鈴木信二
御者1:尾崎一彦
御者2:名倉右喬
山の民1:黒石高大
山の民2:竜二
山の民3:広瀬圭祐
山の民4:スガマサミ
盗賊1:小水たいが
盗賊2:佐藤文吾
盗賊3:山口孝二
村人:田野良樹
里典の妻:山田あんこ
里典の子:藤倉未邦
ムタ:橋本じゅん
左慈坂口拓
魏興:宇梶剛士
肆氏:加藤雅也
竭氏:石橋蓮司
王騎:大沢たかお

 

 

スタッフ

監督:佐藤信
脚本:黒岩勉佐藤信介、原泰久
原作:原泰久

製作:北畠輝幸、今村司、市川南、谷和男、森田圭、田中祐介、小泉貴裕、弓矢政法、林誠、山本浩、本間道幸
エグゼクティブプロデューサー:木下暢起、伊藤響
企画:稗田晋、村田千恵子
プロデューサー:松橋真三、北島直明、森亮介、平野宏治
アソシエイトプロデューサー:高秀蘭
宣伝プロデューサー:小山田晶
ラインプロデューサー:小沢禎二
中国ユニットラインプロデューサー:角田道明

音楽:やまだ豊
音楽プロデューサー:千田耕平
主題歌:ONE OK ROCK「Wasted Nights」(A-Sketch)

撮影監督:河津太郎
美術監督:斎藤岩男
録音:横野一氏工
アクション監督:下村勇二
VFXスーパーバイザー:神谷誠小坂一順
編集:今井剛
スクリプター:田口良子
衣装デザイン:宮本まさ江
ヘアーメイク:本田真理子
助監督:李相國
制作担当:吉田信一郎
中国ユニット制作担当:濱崎林太郎
撮影:島秀樹
GAFFER:小林仁
美術:瀬下幸治
装飾:秋田谷宣博
キャスティング:楠間由野
テクニカルプロデューサー:大屋哲男
DIプロデューサー / カラーグレーダー:齋藤精二
キャラクター特殊メイクデザイン・特殊造形統括:藤原カクセイ
かつら:濱中尋吉
コンセプチュアルデザイン(山の民):田島光二
国史監修:鶴間和幸
オープニングナレーション:吉永幸一
音楽制作:CURRENT, Inc.
特別協力:微博・周帆

制作プロダクション:CREDEUS
製作幹事:集英社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント日本テレビ放送網
製作:映画「キングダム」製作委員会(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント日本テレビ放送網集英社東宝読売テレビ放送KDDIGYAO、CREDEUS、ジェイアール東日本企画東急エージェンシー博報堂ぴえろ札幌テレビ放送宮城テレビ放送静岡第一テレビ中京テレビ放送広島テレビ放送、福岡放送)
配給:東宝ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (SPEJ)