映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『スケートリーディング☆スターズ』第9話の感想

『スケートリーディング☆スターズ』第9話「ワンリード」

 

 

作品について

中原れいさんと宮浦栗生さんが共同で絵コンテ。

 

秋田谷典昭さんが演出。撮影から制作進行を経て演出家・監督になった人。先日『ドラえもん』の映画を観ていたら撮影スタッフとして秋田谷さんの名前が載っていた。

谷口悟朗監督と縁が深く、『ガン×ソード』で演出、『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズで合計9話を演出、『ジャングル大帝 -勇気が未来をかえる-』で共同演出。谷口悟朗総監督の『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』を監督。

バクマン。』シリーズをカサヰケンイチ監督と共同で監督。『Bonjour♪恋味パティスリー』『城下町のダンデライオン』『バトルガール ハイスクール』『となりの吸血鬼さん』を監督。

w.atwiki.jp

秋田谷典昭監督が『スケスタ』に演出で参加したのは、谷口悟朗監督の伝手だけではなく、今度J.C.STAFFで監督するからというのもあるようだ。新作を準備している監督が、同じ制作会社の別作品を手伝うことも多い。

 

 

感想

全体の総合4位。第7戦の1位でそれまでの成績をリカバリー。

 

狐ヶ原高校のメンバーたちは姫川に気を使っていて、姫川も他のメンバーに気を使っている。端的に言えば1人浮いている。あまり馴染めていない。

試合前の会話では一丸となっているように見える。

 

狐ヶ原高校も横浜スーパーグローバルハイスクールも、1人がチームを引っ張り他のメンバーが支える布陣なのは同じだけど、アプローチが異なる。狐ヶ原はエース姫川を引き立てる構成。YSGHはエース久遠寺が周りの選手をフォローする構成。

 

"Don't count your chickens before they hatch."
「取らぬ狸の皮算用

 

YSGHの4人は現役アイドルグループだから、音楽をポップソングにしてアイスショーに特化する。

観客の心をさらったものの、細かいミスがあり、姫川ら狐ヶ原高校の堅実な滑りには及ばず。

でも久遠寺は今後のことを見越して、娯楽性の高い滑りを提示した、と。

 

ミリオンファンとして女性声優さん10人が出演していた。

 

 

演出

「当然俺も練習する」と言った前島の笑顔と、流石井と寺内に引きずられて不満な顔をつなぐ。同ポジション。

 

 

余談

声優さんと同姓同名の人が原画で再びクレジットされていた。

久遠寺のサイン色紙が出てきたからそれかな? 本や雑誌や新聞などは、その外形の原画と動画を作画さんが描いて、撮影さんが表紙や文面を「貼り込み」という手法で合成する。貼り込む素材は、グラフィックデザインなどのデザイナーが描いたり、アニメーターが描いたり、美術スタッフが描いたり、ときには撮影スタッフ自身が描いたりする。

スケートリンクに描かれたポカリスエットのロゴも撮影で貼り込みだろう。現実のスケートリンクでは、氷の層を重ねる途中でロゴなどを挟み込み、上にまた氷の層を重ねて作っている。

明治神宮外苑の解説(PDFファイル) http://www.meijijingugaien.jp/sports/ice-skating/pdf/index01.pdf

愛・地球博記念公園の解説

www.aichi-koen.com

そういえば、現実のフィギュアスケートの大会でも、リンクサイドの広告が日本市場向けの日本語広告が多い。ここ15年くらいで日本のフィギュアスケートファンがさらに増えたようだし。

FIFAワールドカップをはじめとする各スポーツ競技会やオリンピック・パラリンピックなどのテレビ放送では、会場の広告が写るようになっている。実際に会場に設置されている広告だけれど、近年ではテレビ局側で自国のスポンサーの広告を合成している場合もあると聞いたことがある。UnityやUnreal Engineなどリアルタイムレンダリングが可能になったので、生中継でも技術的には可能では?

ジョン・ファヴロー監督がシリーズクリエイター・ショーランナー・エグゼクティブプロデューサーを務める『マンダロリアン』(Disney+で配信している『スター・ウォーズシリーズ』のテレビシリーズ)では、背後の巨大ディスプレイにリアルタイムでレンダリングしたVR映像を映し、手前側のセットと俳優のお芝居を撮影している。ジョン・ファヴロー監督がスタッフとともに『ジャングル・ブック』『ライオン・キング』で培った撮影技術と視覚効果が活用されている。

films.hatenablog.com

 

films.hatenablog.com

Industrial Light & Magic(ILM)によるvirtual productionの解説


The Virtual Production of The Mandalorian, Season One

 

disneyplus.disney.co.jp

 

 

キャスト

前島絢晴:内田雄馬小市眞琴(幼少期)
流石井隼人:古川慎
篠崎怜鳳:神谷浩史島袋美由利(幼少期)
寺内正太郎:日野聡
桐山樹:前野智昭
望月雪光:花江夏樹
望月暁光:土田玲央
城ノ内颯太:千葉翔也
窪田智之:佐藤元
姫川泉澄:梅原裕一郎
氷室泰冴:小野友樹
倉吉虎之助:竹田海渡
道長悠馬:田丸篤志
山下竜也:榎木淳弥
久遠寺夢空斉藤壮馬
石川一:野島裕史
石川二:野島健児
鬼頭正巳:広瀬裕也
雲宝賢人:鈴木崚汰
朱盆佑:市川蒼
味方正嗣:土岐隼一
五十嵐駿:安田陸矢
安達拓海:三上哲
熊田啓司:魚建
石川元野島昭生
三浦:東地宏樹
実況:柳田淳一
阿部:中原麻衣

 

 

第9話スタッフ

脚本:木村暢
絵コンテ:中原れい、宮浦栗生
スケートパートコンテ:福島利規
演出:秋田谷典昭

作画監督:西野佳佑、都築裕佳子、Lee Bu-hee
スケートパート作画監督:西野佳佑
総作画監督:小松沙奈

 

 

シリーズスタッフ

原作:谷口悟朗バンダイナムコアーツ、J.C.STAFF
総監督:谷口悟朗
監督:福島利規
シリーズ構成・シナリオ:木村暢
キャラクターデザイン原案:枢やな
キャラクターデザイン・総作画監督:伊東葉子
キーアニメーター:高木有詩
プロップデザイン:伊東葉子、西川絵奈
衣装デザイン原案:オサレカンパニー
美術監督:奥村泰浩
美術設定:水谷利春、奥村泰浩、泉寛、鈴木朗
色彩設計:店橋真弓
撮影監督:廣瀬唯希
編集:瀧川三智
音響監督:明田川仁
音楽:高橋諒
音楽プロデューサー:関根陽一
振付・パフォーマンスディレクター:TETSU(Bugs Under Groove)
共同振付:小林宏一(プリンスアイスワールド)
スケート監修:国分文(日本フィギュアスケートインストラクター協会)
プロデューサー:遠藤直子、庄司夕紀、西川和良、小松亜佐美、白石容子、長谷川嘉範、大和田智之、前田俊博
アニメーション制作プロデューサー:岡田耕二
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:スケートリーディングスターズ製作委員会