映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『アイドリッシュセブン』: ボンズの紡ちゃんとTROYCAの紡ちゃん

紡ちゃん可愛いな、ということで気づいたことを書いておく。

2015年12月1日公開の『MEMORiES MELODiES』MVはボンズ制作で、2018年から放送中のテレビシリーズはTROYCA制作。
個々の作品の制作意図もスタッフも全部違うので、作風も画作りも違う。

あらかじめ断っておくが、優劣をつける意図はない。ほめるために書いている。

 

 

 

始めに

ボンズ撮影部とTROYCAデジタル部では撮影処理が異なる。
当然、監督と撮影監督が打ち合わせして作品ごとに方針を決めるから。

 

ボンズはもともとサンライズ第2スタジオの南雅彦プロデューサーと逢坂浩司さんや川元利浩さんたちスタッフが独立、設立した制作会社。レイアウトやアニメートに長けたアニメーターとの人脈を持ち、作画に定評のある作品群を制作している。
当初は撮影(デジタルコンポジット)を外注していたけれど、2000年代半ば頃に社内に撮影部を立ち上げ、次第に自社作品の撮影を一手に担うようになる。
現在はABCDEの5スタジオ(5ライン)ある。スタジオごとにプロデューサーがいて、それぞれ作風が違う。
制作進行から演出家になった人が何人もいて、様々な制作会社で監督してる。
ボンズの撮影は作画の力を補強する、また引き出す撮影処理。わかりやすいエフェクトや派手なものはあまり多用しない傾向にあるため、一見地味に見え、撮影が優れた制作会社の話題であまり名前が挙がらないけれど、私はボンズの撮影を評価している。

 

TROYCAはかつて存在したAIC Classic*1の長野敏之プロデューサー、加藤友宜撮影監督、あおきえい監督たち『放浪息子』を手掛けたスタッフが中心になり独立、設立した制作会社。加藤友宜撮影監督が設立者の1人で取締役と副社長を兼務しているため、設立当初より撮影に力を入れている。
ちなみに加藤友宜さんはアニナナではデジタルプロデューサーを務めている。
TROYCAの撮影は写実的な映像を志向していると思われる。光と影・陰に特徴がある。実写映画のカメラとレンズを念頭に置いた画作りは、京都アニメーションの撮影処理が知られている。ufotableの撮影処理は……何だろう? ufotableの撮影は、作画、仕上げ、背景、2DCG、3DCGを馴染ませるのに長けている。この系統の画作りは作画(正確には彩色を施した動画)もあくまで素材の1つとして考え、作画の線をそのまま見せることに必ずしも拘らない。

 

 

ボンズの紡ちゃん

www.youtube.com

池添隆博監督。
コンテ・演出は山岸大悟さん。
永作友克さんが作画監督*2
動画検査は戸津由美子さん。
色彩設計・色指定・検査は後藤ゆかりさん。
撮影監督は佐々木康太さんと張盈穎さんの2人。

seesaawiki.jp

SHOW BY ROCK!!』のチームがそのまま制作したっぽい。

 

 

f:id:naotie:20200414174501p:plain

アイドリッシュセブン『MEMORiES MELODiES』MV FULLより引用 ©アイドリッシュセブン


紡ちゃんの妖精さん

木の陰から覗き見ているので、日中の太陽光を浴びて少し白飛びしている。
手前の木の幹は多少ボケている程度だけど、遠くの木々はディテールがわからなくなっている。
妖精さんなので、羽根にパーティクルなどキラキラしたエフェクトがかかっている。妖精さんが飛んだり羽根を動かしたりしているとき鱗粉が舞う。

 

f:id:naotie:20200414174515p:plain

アイドリッシュセブン『MEMORiES MELODiES』MV FULLより引用 ©アイドリッシュセブン


IDOLiSH7のステージを見守っているので、照明の照り返しを再現している。
目に浮かんでいる涙で、その奥の目やまぶたがかすんでいる。
夜の背景が羽根を通して透けて見える。

 

 

ダンス 

このミュージックビデオで特筆すべきはIDOLiSH7の皆とダンスするシーン。カップルダンス/ペアダンスはソロダンスよりも描くのが難しい。2人の動きを同期させないといけないし、位置を合わせないといけないから。なので『ボールルームへようこそ』を制作した板津匡覧監督とProduction I.Gとスタッフたちは称賛に値する。
アイドルのようなグループダンスは、こちらはこちらで難しい。特に物量的に。だからアイドルアニメは歌唱シーン・ダンスシーンを3DCGで描くのが主流なのだろう。

ボンズは重原克也監督によるTRIGGERの『DAYBREAK INTERLUDE』*3で全部手描き作画で踊らせてて、ようやるわと思った。

www.youtube.com

 

他のMVだとこれが手描き作画のダンスかな。

田頭しのぶ監督によるRe:valeの『NO DOUBT*4Production I.G制作。

境宗久監督によるIDOLiSH7の『ナナツイロ REALiZE*5MAPPA制作。

宍戸幸次郎監督によるŹOOĻの『Bang!Bang!Bang!*6は3DCGかな? 撮影処理で2D作画っぽく見えるけど。キャラクターの3Dモデルを作って、モーションキャプチャーのデータをもとに動かしてるし。ufotable制作。

 

5月5日追記:
TROYCAも手描き作画で踊らせてた。
アイドリッシュセブン Vibrato』第1話のフリーダンス。
原画は牧野竜一さん。TROYCA所属のアニメーターの中でも、アニメート(動き)が上手い作画さんの1人。
フリーダンスのカット群は牧野竜一さんの特徴がよく出ているし、もしかして作画監督修正をほとんど入れてないのかな?

www.youtube.com

別所誠人監督。
第1話の絵コンテがあおきえいさん、演出が馬川奈央さん。
作画監督合田浩章さんと猪股雅美さん、作画監督協力が大橋知華さん。
総作画監督が猪股雅美さんとサトウミチオさん。

TRIGGERフリーダンス原画が牧野竜一さん。

動画検査が内村美佳子さん。
色指定・検査が橋本朋美さん。
撮影監督が津田涼介さん。

seesaawiki.jp

 

 

 

TROYCAの紡ちゃん

www.youtube.com

別所誠人監督。
第1話の絵コンテ・演出は別所誠人さん。
アニメーションキャラクターデザインは深川可純さん。
作画監督は猪股雅美さん。総作画監督の猪股雅美さんが作監として全カット見ただろうし、(他の)総作監は入れてないのかな。
第1話の動画検査は内村美佳子さんと宮本雄介さん。
色彩設計と第1話の色指定・検査は篠原真理子さん。
撮影監督は津田涼介さん。

seesaawiki.jp

 

f:id:naotie:20200414174447p:plain

アイドリッシュセブン』第1期第1話より引用 ©BNOI/アイナナ製作委員会


第1期第1話ラスト、紡ちゃんがIDOLiSH7となる皆に挨拶した時、「こちらこそよろしく」「マネージャー!」と声をかけられ満面の笑顔を浮かべた紡ちゃん。

スタジオ内の蛍光灯が当たっている。
背景の打ちっぱなしコンクリート壁がボケている。紡ちゃんにカメラのフォーカスを当てているので、背景はボケる。被写界深度が浅い。
目の虹彩がガラス玉っぽい。宝石ほどではない処理。グラデーション処理は色彩設計の人と打ち合わせして、彩色部署と連携して行う。

 

 

スノードロップ

トロイカとつながりの深い制作会社スノードロップについても記しておこう。
スノードロップAICのプロデューサーだった福家日左夫さんが設立した制作会社で、神戸にある。2011年の設立から現在まで元請けは行わず、一貫して制作グロス*7や作画協力などを行っている。

総作画監督の日下部智津子さんを筆頭に、少人数で原画・動画・仕上げを高いクオリティでこなす。おそらく制作進行をしている福家日左夫さんのスケジュール管理が優秀なのだと思う。人によっては原画・動画・仕上げの工程の枠を超えて仕事していることも。

グロス回は作画が悪い、と思い込んでいる人も多いが、グロス会社やスタッフ、製作委員会や元請け制作会社から与えられたスケジュールによってはクオリティの高い仕事をする。
スノードロップはその1社だ。

TROYCA作品によく参加していて、『アイドリッシュセブン』第10話、『やがて君になる』第7話、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』第7話がスノードロップの制作によるもの。

アニナナ第2期にも参加しているらしい。

 

6月11日追記:

アプリのアニメーションもスノードロップが制作していた。

 

 

 

 

キャラクターデザイン

種村有菜さんの原案と深川可純さんのキャラクターデザインをもとにしていても、アニメーションキャラクターデザインやもろもろの処理が違う。
MVを含めた作品ごとにアニメーションキャラクターデザインを作っているようだ。
これも監督とキャラクターデザイナー、プロデューサーや製作委員会、原作者側とのすり合わせが関与する。

メモメロのMVは丸みを帯びた顔のデザイン。

テレビシリーズは細長くシュッとした顔のデザイン。

髪の毛の房のとらえ方が違う。

まつ毛の処理が異なる。MVはギザギザが多く、TVは少ない。

眉毛はMVが目頭側だけ厚みがあり目じり側は一本の直線。TVは弓のように弧を描いている。

二重瞼や目のくぼみも線の入れ方が違う。

ほっぺたはMVがほほブラシで、TVは実線で描きボカす。実線ボカしはこのカットの描き方で、いつもはTVもほほブラシだった。

正面顔の鼻を線で描く処理も微妙に違う。

 

 

声優

佐藤聡美さんの紡ちゃんの芝居も可愛い。

そして可愛いだけじゃなくて格好良いも併せ持つ。

 

 

結論

どの紡ちゃんも可愛いのです。

*1:株式会社アニメインターナショナルカンパニーの内部スタジオの1つ

*2:永作友克さんは上手いから、総作監修正なしでもキャラ似せできるだろうね。

*3:ディレクターが重原克也さん、アニメーションキャラクターデザインと作画監督が竹知仁美さん、作画監督補佐が杉泊朋子さん、メインアニメーターが楡木哲郎さん、動画検査が今西麻綾さんと石橋佳奈さん、色彩設計・色指定・検査が竹澤聡さん、撮影監督が佐々木康太さん。

*4:田頭しのぶ監督が1人で絵コンテ・演出、キャラデ、作画監督、原画(第一原画)をやっていて、これまたようやるわ。第二原画としてProduction I.Gのアニメーターが清書しているけれど。動画検査が菅田朋子さん、色彩設計・色指定・検査が中田亮太さん、撮影監督が中田祐美子さん。

*5:ゾンビランドサガ』のチーム。監督・絵コンテが境宗久さん、演出が佐藤威さん、キャラデ・総作画監督が深川可純さん、作画監督が桑原幹根さんと桑原剛さん、ダンスアニメーション監修が立中順平さん、動画検査が増子裕美さんと小原優佳さん、色彩設計・色指定・検査が佐々木梓さん、撮影監督が柳田貴志さん。

*6:宍戸幸次郎監督は3DCG畑出身だけど。こちらも内村瞳子さんが1人でキャラデ・作画監督・原画(第一原画)。動画検査が小林友衣さん、動画検査補佐が川嶋優香さん、色指定・検査が松岡美佳さん、撮影監督が寺尾優一さん。

*7:1話まるごと請け負うこと。グロス請け。EDに制作協力としてクレジットされているのがそれ。