映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

『アウトロー』

アウトロー
原題: Jack Reacher
製作年:2012年
製作国:アメリカ合衆国

 

 

作品について

リー・チャイルドの小説『ジャック・リーチャー』シリーズの第9作"One Shot"の映画化。
続編の『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は第18作"Never Go Back"が原作。

 

 

感想

何度観てもおもしろい。

吹き替え版で観てたから字幕版は初めて。

 

 

キャスト

ジャック・リーチャー:トム・クルーズ(森川智之)
ヘレン・ロディン:ロザムンド・パイク(林真里花)
アレックス・ロディン:リチャード・ジェンキンス(小島敏彦)
エマーソン:デヴィッド・オイェロウォ(花田光)
ゼック:ヴェルナー・ヘルツォーク(大塚周夫)
キャッシュ:ロバート・デュヴァル(川久保潔)
チャーリー:ジェイ・コートニー(岸祐二)
ジェームズ・バー:ジョセフ・シコラ(坂本くんぺい)
リンスキー:マイケル・レイモンド=ジェームズ(荻沢俊彦)
サンディ:アレクシア・ファスト(渡辺広子)
ジェブ:ジョシュ・ヘルマン(西健亮)
ロブ・ファリアー:ジェームズ・マーティン・ケリー(長克巳)
ゲイリー:ディラン・カスマン(佐藤芳洋)
チンピラ:デンヴァー・ミロード(三宅貴洋)
クリシー・ファリアー:ジュリア・ヨークス(的場加恵)
ウェズリー:スコット・A・マーティン(徳本英一郎)
ナンシー・ホルト:ニコール・フォレスター(長尾雅世)
秘書:CJ・ラミレス(山口協佳)

 

 

スタッフ

監督:クリストファー・マッカリー
脚本:クリストファー・マッカリー
原作:リー・チャイルド
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー、ゲイリー・レヴィンソン、ドン・グレンジャー
製作総指揮:ケヴィン・J・メシック、デヴィッド・エリソン、デイナ・ゴールドバーグ、ジェイク・マイヤーズ、ポール・シュウェイク
音楽:ジョー・クレイマー
撮影監督:キャレブ・デシャネル
編集:ケヴィン・スティット
製作会社:スカイダンス・プロダクションズ、TCプロダクションズ
配給:パラマウント映画