映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

映画-洋画-洋画あ行

『アガサと殺人の真相』感想

『アガサと殺人の真相』原題: Agatha and the Truth of Murder製作年:2018年製作国:イギリス上映時間:93分 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について イギリスの民放「チャンネル5」で放送されたテレビ映画。推理小説家アガサ・クリスティが事件…

『80デイズ』の感想

『80デイズ』原題: Around the World in 80 Days製作年:2004年製作国:アメリカ合衆国 作品について Amazon Prime Video 感想 キャスト スタッフ 作品について ジュール・ヴェルヌの小説『八十日間世界一周』が原作。 マイケル・アンダーソン監督『八十日間…

『英雄の条件』の感想

『英雄の条件』原題: Rules of Engagement製作年:2000年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について ウィリアム・フリードキン監督。 戦争映画、法廷ドラマ映画。 原題の"rules of engagement"は交戦規定という意味。ROEと略…

『アメイジング・スパイダーマン』の感想

『アメイジング・スパイダーマン』原題: The Amazing Spider-Man製作年:2012年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について マーク・ウェブ監督。現在マーク・ウェブ監督はウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作の『白雪姫…

『アトミック・ブロンド』の感想

『アトミック・ブロンド』原題: Atomic Blonde製作年:2017年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について デヴィッド・リーチ監督。『ジョン・ウィック』(2014)の共同監督・プロデューサーだから、シャーリーズ・セロンが依頼…

『エイリアン2』の感想

『エイリアン2』原題: Aliens製作年:1986年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について ジェームズ・キャメロン監督。 『エイリアン』シリーズの第1作。 リドリー・スコット監督による第1作がSfホラー映画だったのに対し、第…

『エイリアン』の感想

『エイリアン』原題: Alien製作年:1979年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について リドリー・スコット監督。 『エイリアン』シリーズの第1作。 アメリカのレイティングはR指定。日本のレイティングは緩いのでPG-12指定。 …

『アイガー北壁』の感想

『アイガー北壁』原題: Nordwand英語題: North Face製作年:2008年製作国:ドイツ、オーストリア、スイス 作品について 吹き替え フィルム 感想 キャスト スタッフ 作品について 実話をもとにした映画。 en.wikipedia.org 吹き替え BSテレ東が吹き替え版を新…

『ANNIE/アニー』(2014): 歌の編曲が合わない

『ANNIE/アニー』原題: Annie製作年:2014年製作国:アメリカ合衆国 作品について 脚本 監督 感想 Amazon キャスト スタッフ 作品について ブロードウェイミュージカルが原作。ミュージカルコメディ映画。 今までに何度か映画されている。ジョン・ヒュースト…

『オーシャンズ』(2009)の感想

『オーシャンズ』原題: Océans製作年:2009年製作国:フランス 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について ジャック・ペラン監督による、海の生物がテーマのドキュメンタリー映画。 アメリカではDisneynature(ディズニーネイチャー)が公開した。幼い…

『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』の感想

『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』原題: Bloody Daughter製作年:2012年製作国:フランス、スイス言語:フランス語、英語 作品について 感想 キャスト スタッフ 作品について ピアニスト、マルタ・アルゲリッチについてのドキュメンタリー映画。娘のステファ…

『E.T.』: 名作映画

『E.T.』原題: E.T. the Extra-Terrestrial製作年:1982年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 トリビア 故人 キャスト スタッフ 作品について 画期的な映画。それ以前は宇宙人が地球に攻めてくるという話ばかりで、地球人と地球外知的生命体が友達に…

『オーシャンズ8』の感想

『オーシャンズ8』原題: Ocean's 8製作年:2018年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 おわりに 音楽 テレビ放送 Amazon キャスト スタッフ 作品について ルイス・マイルストン監督『オーシャンと十一人の仲間』(1960)をリメイクした、スティーブン・…

『ア・フュー・グッドメン』: 名作映画

『ア・フュー・グッドメン』原題: A Few Good Men製作年:1992年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 軍法会議 敬語 映画賞 home entertainment キャスト スタッフ 作品について 法律ドラマ映画。アーロン・ソーキンの戯曲(ブロードウェイで初演された…

『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』感想

『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』原題: Indiana Jones and the Temple of Doom製作年:1984年製作国:アメリカ合衆国 作品について Amazon 感想 キャスト スタッフ 作品について スティーヴン・スピルバーグ監督。 ジョージ・ルーカス原案・製作総指揮。…

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の感想

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』原題: The Wolf of Wall Street製作年:2013年製作国:アメリカ合衆国 感想 VFX 作品について キャスト スタッフ 感想 地上波では放送できない映画。 「強い性的なコンテンツ、写実的なヌード、薬物の使用、言語、いく…

『運命の女』の感想

『運命の女』原題: Unfaithful製作年:2002年製作国:アメリカ合衆国 感想 キャスト スタッフ 感想 スリラー映画。 クロード・シャブロル監督・脚本『不貞の女』(1969)のリメイク。 不倫の話。 スノーグローブで思わず殴ったら死んじゃった。 最終的によりを…

『宇宙戦争』(2005): COVID-19の今観るとまた違ったおもしろさがある

『宇宙戦争』原題: War of the Worlds製作年:2005年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 Ultra HD Blu-ray キャスト スタッフ 作品について パラマウント映画とドリームワークス・ピクチャーズ*1の共同製作・共同配給作品。分担がおもしろい。パラマ…

『イコライザー』の感想

『イコライザー』原題: The Equalizer製作年:2014年製作国:アメリカ合衆国 感想 キャスト スタッフ 感想 アクションスリラー映画。 1985年から1989年のテレビドラマ『ザ・シークレット・ハンター』が原作。 主人公ロバート・マッコールは、アメリカ海兵隊…

『おとなの恋は、まわり道』

『おとなの恋は、まわり道』原題: Destination Wedding製作年:2018年製作国:アメリカ合衆国 あらすじ 空港の待合室で出会ったリンジーとフランクは、話の中で同じ結婚式に出席することがわかる。性格の違う2人だが、結婚式が開かれた週末の間一緒にいるう…

ウォルト・ディズニー・スタジオ、『アルテミスと妖精の身代金』の劇場公開を断念、Disney+独占配信へ

ケネス・ブラナー監督・製作のSFファンタジー・アドベンチャー映画『アルテミスと妖精の身代金』が、新型コロナウィルスCOVID-19の影響で劇場公開を断念、Disney+での独占配信に変更された。 eiga.com アイルランドの作家オーエン・コルファーのベストセラー…

『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』は可哀想な作品: 大ヒット映画の続編の宿命

『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』原題: Independence Day: Resurgence製作年:2016年製作国:アメリカ合衆国 作品について 感想 スタッフ 日本語版スタッフ キャスト 作品について 大ヒット映画『インデペンデンス・デイ』の続編。前作からちょう…

ノルウェー映画『イエスタデイ』(2014)

『イエスタデイ』原題: Beatles製作年:2014年製作国:ノルウェー ラーシュ・ソービエ・クリステンセンが1984年に出版した小説が原作。 1960年代のオスロが舞台。 スタッフ 監督:ペーテル・フリント脚本:アクセル・ヘルステニウス原作:ラーシュ・ソービエ…

『ウォールフラワー』

『ウォールフラワー』原題: The Perks of Being a Wallflower製作年:2012年製作国:アメリカ合衆国 吹き替え版 良い映画。 作品について スティーヴン・チョボスキーの小説を、彼自身が脚本を書き監督した映画。出版直後から様々な映像化の話があったが断っ…

『エンド・オブ・キングダム』

『エンド・オブ・キングダム』原題: London Has Fallen2013年アメリカ合衆国 アメリカ大統領がイギリスにテロを持ち込んだ。(シリーズ的に)。イギリスはとばっちり。 スウェーデンのババク・ナジャフィ監督にとって初の英語映画で、ハリウッドデビュー作。 …

『エレクトラ』

『エレクトラ』原題: Elektra2005年アメリカ合衆国 アメコミ映画。マーベル・コミックス原作だけどMCUではない。マーク・スティーヴン・ジョンソン監督『デアデビル』のスピンオフ映画。 批評的にも商業的にも失敗したらしい映画だった。話がだめ。役者の芝…

『インセプション』の感想

『インセプション』Inception2010年アメリカ合衆国 何度観てもおもしろい。 やっぱりレオナルド・ディカプリオは上手い。10代のときに『ギルバート・グレイプ』で受賞してしかるべきだったくらいの役者。 クリストファー・ノーラン監督は「CG嫌い」だと主張…

『エンド・オブ・ホワイトハウス』感想

『エンド・オブ・ホワイトハウス』原題: Olympus Has Fallen製作年:2013年製作国:アメリカ合衆国 作品について Amazon 感想 キャスト スタッフ 更新履歴 作品について アントワーン・フークア監督。 アクション・スリラー映画。 Amazon エンド・オブ・ホワ…

『アビス』完全版の感想

『アビス』完全版The Abyss Special Edition1989年アメリカ合衆国 おもしろいけれども。散漫な印象を受けた。サスペンス(スリラー)、ディザスター、未知との遭遇。どれが主題なのか。テーマを絞って短くまとめたら、良くなったのでは?と思う。 劇場公開版で…

『エアポート'75』の感想

『エアポート'75』原題: Airport 19751974年アメリカ合衆国 ジョージ・シートン監督『大空港』(1970)から始まるエアポートシリーズの第2作。『大空港』はディザスター映画の黄金時代(1970年代)の始まりの映画とされている。1990年代後半にCGIの進歩で再びデ…