映画の後には紅茶とお菓子を

百合とアニメと映画の感想

映画-洋画-洋画か行

『クリミナル 2人の記憶を持つ男』

『クリミナル 2人の記憶を持つ男』原題: Criminal製作年:2016年製作国:アメリカ合衆国 感想 誰かの記憶を他人の脳に移植する、ということを、アメリカなど軍隊の研究所なら真面目に研究してそう。 スタッフ 監督:アリエル・ヴロメン脚本:ダグラス・クッ…

『恋人たちの予感』の感想

『恋人たちの予感』原題: When Harry Met Sally...製作年:1989年製作国:アメリカ合衆国 感想 キャスト スタッフ 感想 脚本はロマンティック・コメディの名手ノーラ・エフロン。だけどこの映画には入り込めなかった。コメディ要素が少ない。 メグ・ライアン…

『コナン・ザ・バーバリアン』の感想

『コナン・ザ・バーバリアン』原題: Conan the Barbarian製作年:2011年製作国:アメリカ合衆国 感想 キャスト スタッフ 感想 ロバート・E・ハワードの小説『英雄コナン』シリーズが原作。リ・イマジネーション。 アーノルド・シュワルツェネッガー主演の、…

『キング・オブ・エジプト』の感想

『キング・オブ・エジプト』原題: Gods of Egypt製作年:2016年製作国:アメリカ合衆国、オーストラリア 感想 スタッフ 感想 何度か観た。 おバカ映画なのに吹き替えが4つもある。劇場公開版で宣伝目的の芸能人をゴリ押ししたが下手だったので、ソフト版では…

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』原題: Now You See Me 2製作年:2016年製作国:アメリカ合衆国 感想 キャスト スタッフ 感想 何度観てもおもしろい。 続編とスピンオフ映画の構想がある。第3作はリジー・キャプランがルーラ役で続投。また…

『クルードさんちのはじめての冒険』の感想

『クルードさんちのはじめての冒険』原題: The Croods製作年:2013年製作国:アメリカ合衆国 作品について 監督 感想 インタビュー キャスト スタッフ 作品について クリス・サンダース監督。ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーションで長年アニ…

『グランド・イリュージョン』の感想

『グランド・イリュージョン』原題: Now You See Me製作年:2013年製作国:アメリカ合衆国 感想 スタッフ 感想 何度観てもおもしろい。 ハリウッドっぽいフランス映画という印象があるけれど、実際はフランス出身の監督が撮ったハリウッド映画。 スタッフ 監…

『かごの中の瞳』の感想

『かごの中の瞳』原題: All I See Is You製作年:2016年製作国:アメリカ合衆国、タイ 感想 キャスト スタッフ 感想 サイコロジカル・ロマンティックドラマ映画。 マーク・フォースター監督。 身体的な障がいのある人が、伴侶/パートナーに依存してしまう話…

『ガタカ』の感想

『ガタカ』原題: Gattaca製作年:1997年製作国:アメリカ合衆国 感想 高く評価されているSF映画の1つ。 おもしろい。 作中ではわかりやすい描写はないけれど、ホラーだね。遺伝子操作された「適正者」が多数派の近未来で、自然妊娠で生まれた「不適正者」は…

『クロコダイル・ダンディー』の感想

『クロコダイル・ダンディー』原題: Crocodile Dundee製作年:1986年製作国:オーストラリア フジテレビ版吹き替え 題名だけは聞いたことがある映画。観たのは初めて。 アクションコメディー映画らしいけれど、のんびりしてる。アクションは少ない。今作のコ…

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の感想

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』原題: Godzilla: King of the Monsters製作年:2019年製作国:アメリカ合衆国 作品について Amazon 感想 キャスト スタッフ 作品について マイケル・ドハティ監督。 ギャレス・エドワーズ監督『GODZILLA ゴジラ』(2014…

『コクーン2 遥かなる地球』の感想

『コクーン2 遥かなる地球』原題: Cocoon: The Return1988年アメリカ合衆国 何度観てもおもしろい。前作のキャストがほぼ全員戻ってきたのも良い。話は第1作の焼き直しなので、あまり評価が高くないのも理解できるけれど。 ウォルターを演じたブライアン・デ…

『コクーン』の感想

『コクーン』原題: Cocoon1985年アメリカ合衆国 何度観てもおもしろい。良い映画。お年寄りたちと異星人たちの交流を描いた話。 ジェームズ・ホーナーの音楽が素敵。 日本ではBlu-ray Discが発売されていないので、NHK BSプレミアムのフルHD放送は貴重。北米…

『カウボーイ & エイリアン』の感想

『カウボーイ & エイリアン』ロング・バージョン原題: "Cowboys & Aliens" extended version2011年アメリカ合衆国 まあまあおもしろい。 西部劇にSFを組み合わせた異色作。何故これを作ってしまったのだろう?という印象を受ける映画。 アメコミ出版社"Malib…

『海外特派員』の感想

海外特派員原題: Foreign Correspondent1940年アメリカ合衆国 アルフレッド・ヒッチコック監督チャールズ・ベネット&ジョーン・ハリソン脚本ジェームズ・ヒルトン&ロバート・ベンチリー台詞執筆ウォルター・ウェンジャー製作 流石サスペンス映画の神様、アル…

『キャスパー』の感想

キャスパー原題: Casper1995年アメリカ合衆国 字幕版懐かしい。子どもの時に観て以来。おもしろい。ただ、大人になったから見方が変わった。クリスティーナ・リッチ, ビル・プルマン, キャシー・モリアーティ, モンティ・パイソンのエリック・アイドル 監督:…

『海賊じいちゃんの贈りもの』の感想

海賊じいちゃんの贈りもの原題: What We Did on Our Holiday2014年イギリス アンディ・ハミルトン&ガイ・ジェンキン監督・脚本 祖父を(祖父の希望通り)ヴァイキング式に葬儀した子どもたちと、それに戸惑う大人たち。そして子どもたちの意図を理解した大人た…

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』感想: 名作映画

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』原題: Catch Me If You Can製作年:2002年製作国:アメリカ合衆国 作品について Amazon 感想 音楽 キャスト スタッフ 編集履歴 作品について スティーヴン・スピルバーグ監督・製作。 ジェフ・ナサンソン脚本。 1960…